JUJU 『守ってあげたい』

投稿者かちゃんこプレイ回数682
楽曲情報 守ってあげたい  JUJU  作詞小林 夏海  作曲北川 悠仁
難易度(3.0) 1044打 歌詞 かな 長文モード可タグJUJU 守ってあげたい
※このタイピングは「守ってあげたい」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なんにもいわずにてをつなごう)

何にも言わずに 手を繋ごう

(かぜにながれるくもながめながら)

風に流れる雲 眺めながら

(いつもよりもすこしゆっくりあるこうよ)

いつもよりも 少しゆっくり歩こうよ

(だれにもしんぱいかけないように)

誰にも 心配かけないように

(ほらねそんなふうにわらってみせる)

ほらね そんな風に笑ってみせる

(あなたのためわたしになにができるんだろう)

あなたのため わたしに何が できるんだろう

(かぞえきれないまちのあかりにたったひとつだけ)

数えきれない街の灯りに たった一つだけ

(あなたをまつひをともしたい)

あなたを待つ 灯をともしたい

(こわれそうなそのこころやさしくてらすように)

壊れそうな その心 優しく 照らすように

(まもってあげたいあなたがあなたでいられるように)

守ってあげたい あなたがあなたでいられるように

(めぐりあえたときからふたりのうんめいはひとつになった)

巡り合えた時から 二人の運命は 一つになった

(だからわすれないでふりむけばいつもわたしがいるから)

だから 忘れないで 振り向けばいつも わたしがいるから

(それぞれいきてくときのなかで)

それぞれ 生きてく時間の中で

(だれかとすれちがいきずつくたび)

誰かと すれ違い傷つくたび

(ほんとうのじぶんみせないくせがついてた)

本当の自分 見せないクセがついてた

(でもひとみのおくにはまっすぐなきえないかがやき)

でも 瞳の奥には まっすぐな消えない輝き

(いつだってわたしにはみえてるから)

いつだって わたしには 見えてるから

(つつんであげたいたとえどんなあしたがまっていても)

包んであげたい たとえどんな明日が待っていても

(とおりすぎるきせつをならんであるくようにかさねていこう)

通り過ぎる季節を 並んで歩くように 重ねていこう

(もしもまようときもかわらないばしょはいつもここにあるから)

もしも迷う時も 変わらない場所は いつも ここにあるから

(たいせつなものはひとつでいい)

大切なものは ひとつでいい

(ふたりでおなじそらみあげるひび)

二人で 同じ空 見上げる日々

(それだけでいいないてもまたわらえれば)

それだけでいい 泣いても また微笑えれば

(まもってあげたいそのままのあなたをだきしめたい)

守ってあげたい そのままのあなたを 抱きしめたい

(めぐりあえたときからふたりのうんめいはひとつになった)

巡り合えた時から 二人の運命は 一つになった

(かけがえのないあなたのすべて)

かけがえのない あなたのすべて

(ずっとみつめてくあいしつづける)

ずっと見つめてく 愛し続ける

(どんなみちをえらんでもふりむけばいつもわたしがいるから)

どんな道を選んでも 振り向けばいつも わたしがいるから

(はじまってゆく)

はじまってゆく

(これからのあなたをまもりつづける)

これからのあなたを 守りつづける

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。