白い恋人/松田聖子

投稿者のがわプレイ回数392
楽曲情報 白い恋人  松田 聖子  作詞三浦 徳子  作曲小田 裕一郎
難易度(3.5) 701打 歌詞 かな 長文モード可タグ松田聖子 白い恋人
松田聖子さんの「白い恋人」です
(アルバム 「North Wind」より)
※このタイピングは「白い恋人」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だれもしらないこころのなかにしろいしゅぷーるえがき)

誰も知らない心の中に白いシュプール描き

(あなたのかおににているとそうよけさきづいたの)

あなたの顔に似ていると そうよ今朝気づいたの

(すきーかたてにわらいころげるだんろをかこむへやで)

スキー片手に笑い転げる 暖炉を囲む部屋で

(しもがおりてるまどがらすにすきよとかくわたし)

霜が下りてる窓ガラスに 好きよと書く私

(あなたはただいつものかおあいというもじなどああどこにもなさそう)

あなたはただ いつもの顔 愛という文字など ああどこにも無さそう

(ひとなつのこいひとふゆのあいらぶそんぐみたいに)

ひと夏の恋 ひと冬の愛 ラブソングみたいに

(わすれてしまうきせつなどいつかとうにすぎた)

忘れてしまう季節など いつかとうに過ぎた

(こなゆきがまうあなたのせなかひとみにやきつくでしょう)

粉雪が舞う あなたの背中 瞳に焼きつくでしょう

(だれにもおなじこえかけてなぜかやさしすぎるひと)

誰にも同じ声かけて なぜか優しすぎる人

(わたしひとりにむけられるあいそれはいつのひのこと)

私一人に向けられる愛 それはいつの日のこと

(しもがとけてるまどがらすになきがおがうつるわ)

霜が融けてる窓ガラスに 泣き顔が映るわ

(あなたはただまぼろしなのめぐりあえるはずよああしろいこいびと)

あなたはただまぼろしなの 巡り合えるはずよ ああ白い恋人

(ひとなつのこいひとふゆのあいかぎのついただいありー)

ひと夏の恋 ひと冬の愛 鍵のついたダイアリー

(ひっそりねむるきせつなどいつかとうにすぎた)

ひっそり眠る季節など いつかとうに過ぎた

(ひとなつのこいひとふゆのあいらぶそんぐみたいに)

ひと夏の恋 ひと冬の愛 ラブソングみたいに

(わすれてしまうきせつなどいつかとうにすぎた)

忘れてしまう季節など いつかとうに過ぎた

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!