踏切

投稿者アリスプレイ回数277
楽曲情報 踏切  ゆず  作詞岩沢 厚治  作曲岩沢 厚治
難易度(3.0) 562打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 長文 音楽
ゆず「踏切」
※このタイピングは「踏切」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 yz 1998 F 2.0 97.2% 273.2 562 16 16 2021/09/25

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きのうのゆめはやりのうたきみのことばひびくくつおと)

昨日の夢流行りの唄 君の言葉響く靴音

(まちのざわめきふみきりのまえたちどまり)

町のざわめき踏切の前立ち止まり

(あたまのなかまっしろになるまでかんがえていたいんだ)

頭の中真っ白になるまで考えていたいんだ

(それはきみのことでもぼくのことでもなんでもかまわない)

それは君の事でも僕の事でもなんでも構わない

(めのまえをいつのまにかとおりすぎていた)

目の前をいつの間にか通り過ぎていた

(はちがつのかぜをかんじながら)

八月の風を感じながら

(きがつけばそこはひとごみあふれ)

気がつけばそこは人ゴミ溢れ

(かきけされたためいきさえもうなにもとどかない)

かき消されたため息さえもう何も届かない

(なにがなんだかもうさっぱりだこえをきかせておくれ)

何が何だかもうさっぱりだ声を聞かせておくれ

(いったいなんだっていうんだなにかいっておくれ)

一体何だって言うんだ 何かいっておくれ

(こうさするでんしゃもうすぴーどでめのまえをかそくする)

交差する電車猛スピードで目の前を加速する

(いっしゅんぼくからおとがとおざかる)

一瞬僕から音が遠ざかる

(きがつくとふみきりのまえ)

気がつくと踏切の前

(おなじばしょにいるぼくがいた)

同じ場所にいる僕がいた

(なにもかわらないなにものでもない)

何も変わらない何者でもない

(ぼくがここにいただけ)

僕がここにいただけ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!