朱殷ノ獄門

投稿者住人 プレイ回数3
楽曲情報 朱殷ノ獄門  夜雀(CV:土田玲央)  作詞MITSU  作曲坪田 修平
難易度(2.9) 1583打 歌詞 かな 長文モード可
音戯の譜CHRONICLEより「朱殷ノ獄門」
※このタイピングは「朱殷ノ獄門」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

Rosen Melodie ~蒼い薔薇の旋律~

Rosen Melodie ~蒼い薔薇の旋律~

プレイ回数6
歌詞876打
Ritus

Ritus

音戯の譜CHRONICLEより「Ritus」

プレイ回数0
歌詞861打
涅槃寂静

涅槃寂静

音戯の譜CHRONICLEより「涅槃寂静」

プレイ回数2
歌詞かな614打
堕ちゆく蓮の花びら輪廻を見つめて

堕ちゆく蓮の花びら輪廻を見つめて

音戯の譜CHRONICLEより、堕ちゆく蓮の花びら輪廻を見つめて

プレイ回数3
歌詞かな670打
Gutes Fest!

Gutes Fest!

音戯の譜CHRONICLEより「Guetes Fest!」

プレイ回数2
歌詞かな994打
Blinzen Parade

Blinzen Parade

音戯の譜CHRONICLEより「Blinzen Parade」

プレイ回数2
歌詞かな873打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ひとつ、おもうはあなたひとり)

ひとつ、想ふは貴女一人

(ふたつ、またあうひをたのしみに)

ふたつ、又逢ふ日を楽しみに

(あくむのきおくをたちきるように)

悪夢の記憶を断ち斬るやうに

(あのひのままのうらないごっこ)

あの日の儘の 占いごつこ

(あかいはなびらちぎってはなげ)

朱い華弁 千切つては投げ

(さけるぜつ、たいかえりちあびて)

裂ける舌、体 返り血浴びて

(さかるほのおのひのこのごとく)

咲かる炎の 火の粉の如く

(うらみはらさでおくべきか)

恨み晴らさでおくべきか

(ひがんをきざんだうちかけはおって)

悲願を刻んだ打掛羽織つて

(そこのけそこのけすずめがとおる)

そこのけそこのけ雀が通る

(ちみもうりょうをりょうてにたずさえ)

魑魅魍魎を両手に携へ

(たけやぶやくのはひがんばな)

竹藪焼くのは悲願華

(しゅうねんもやすはわらにんぎょう)

執念燃やすは藁人形

(しじゅうくにちもかよいつづけた)

四十九日も通ひ続けた

(おおきなつづらのありかをしめし)

大きな葛籠の在処を示し

(いませいちょうせようらみうた)

今 静聴せよ恨み譜

(かごめかごめやどのなかのあねすずめ)

かごめかごめ 宿の中の 姉雀

(うしろのしょうめんに)

うしろの 正面に

(いまはむかしかぜにゆれたはなびら)

今は昔 風に揺れた華弁

(ただひたすらにこいしいかげせなかをおった)

たゞひたすらに 恋しい影 背中を追つた

(りんねのはなことばにちかおう)

輪廻の華言葉に誓はう

(ちのはてまでもひびかせるこえ)

地の果てまでも 響かせる 呪詛

(せいちょうせよ!)

静聴セヨ!

(おのがかげにとらわれたしょくんにつぐ)

己ガ影ニト憑レタ諸君ニ告グ

(ここにかかげるせんせんふこくはざれごとにあらず。)

此処ニ掲ゲル宣戦布告ハ戯言ニ非ズ。

(せきねんにつのりしえんどくのねんは)

積年ニ募リシ怨毒ノ念ハ

(かのもののはらわたをもってしょくざいとなすのである。)

彼ノ者ノ臓物ヲ以テ贖罪ト為スノデアル。

(さがせ、しばれ、ごすんののろいをうちつけよ)

捜セ、縛レ、五寸ノ詛ヲ打チ付ケヨ

(いきたままきょうかんのくるしみをきざみこんでくれよう。)

生キタ儘叫喚ノ苦シミヲ刻ミ込ンデ呉レヤウ。

(たとえこのののどさけようとも)

仮令此ノ喉裂ケヤウトモ

(かならずやかならずやこのてで)

必ズヤ…必ズヤコノ手デ

(ふくしゅうのきょうとうせんせんをなしとげ)

復讐ノ共闘戦線ヲ成シ遂ゲ

(あびむげんのかいらいじごくへとひきずりおとし)

阿鼻無間ノ傀儡地獄ヘト引キズリ堕トシ

(たむけのはなを)

手向ケノ華ヲ…

(きこくしゅうしゅうのせきしょくをもって)

鬼哭啾啾ノ赤蝕ヲ以テ

(まがつうきよをそめあげるのだ。)

凶ツ浮キ世ヲ染メアゲルノダ。

(あのひいつつのおいわいに)

あの日 五つのお祝ひに

(はいたはかまとほそいゆび)

穿ひた 袴と細ひ指

(ちょうちょむすびがうつくしく)

蝶々結びが美しく

(ほどくのがなぜかいやだった)

解くのが何故か嫌だつた

(さいのかわらのはくちゅうむ)

賽の河原の白昼夢

(なをよぶこえこだまして)

名を呼ぶ声 谺して

(めまうしかいとらうまに)

眩舞う視界 捕らう間に

(あのひとのかたきうつときめた)

あの人の仇討つと決めた

(かごめかごめつづらのなかよるすずめ)

かごめかごめ 葛籠の中 夜雀

(うしろにしょうめんに)

うしろに 正面に

(いまはむかしてをひかれたぬくもり)

今は昔 手を引かれた温もり

(はかなさのこすやさしいえみきねまのように)

儚さ残す 優しい笑み 映畫のやうに

(ふぃるむをいくどもまきもどして)

幻灯機を幾度も巻き戻して

(とこよのはてへとどかせるなみだ)

常世の果てへ 届かせる泪

(あかくそまった)

朱く染まつた

(つきはみちていまこそさあつぐないのとき)

月は満ちて 今こそ サア 償ひの刻

(えんさのすずめがなげくこえ)

怨嗟の雀が嘆く 呪詛

(ひとつ、きりさくはあなたのため)

ひとつ、斬り咲くは貴女のため

(ふたつ、ひしぐはしゅらのもうしゅう)

ふたつ、拉ぐは修羅の妄執

(ちみもうりょうをりょうてにたずさえ)

魑魅魍魎を両手に携へ

(かたきをうつのはひがんばな)

仇を討つのは悲願華

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。