流星 tia

投稿者山田太郎プレイ回数15
楽曲情報 流星  TiA  作詞小林 夏海  作曲河野 圭
難易度(2.1) 861打 歌詞 かな 長文モード可
※このタイピングは「流星」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 たま 7509 7.7 96.7% 110.8 861 29 40 2020/10/14

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(たちどまったかたに)

立ち止まった肩に

(あすへむかうかぜをかんじてた)

明日へ向かう風を感じてた

(まちのあかりほしくずみたいに)

街の明かり星屑みたいに

(ふたりつつむけど)

二人包むけど

(それぞれにちがう)

それぞれに違う

(かがやきがあると)

輝きがあると

(わらうきみがいちばんまぶしくみえるよ)

笑う君が一番まぶしく見えるよ

(きみはりゅうせいのように)

君は流星のように

(こどくのつばめのように)

孤独の燕のように

(よるのやみをきりさきゆけるはず)

よるのやみをきりさきゆけるはず

(とけいじかけのひびに)

時計仕掛けの日々に

(ながされそうなときは)

流されそうなときは

(わすれないで)

忘れないで

(ひとりじゃないこと)

ひとりじゃないこと

(じぶんらしさなんて)

自分らしさなんて

(かんがえてもいみなんてないね)

考えても意味なんてないね

(どんなときもきみはきみだから)

どんなときもきみはきみだから

(ありのままでいて)

ありのままでいて

(ぽけっとのなかをからっぽにしても)

ポケットの中を空っぽにしても

(だいじなものは)

大事なものは

(ひだりのむねにのこってる)

ひだりのむねにのこってる

(ゆめはりゅうせいのように)

夢は流星のように

(あめあがりのにじのように)

雨上がりのにじのように

(このこころにひかりをつれてくる)

この心に光を連れてくる

(まよいつづけることが)

迷い続けることが

(ひとつのこたえになるよ)

ひとつのこたえになるよ

(ごまかしたりしないとちかおう)

ごまかしたりしないと誓おう

(なにがまちがっているのだろう)

何が間違っているのだろう

(なにがまちがっていないのだろう)

なにがまちがっていないのだろう

(そんなときはそらにてをのばし)

そんな時は空に手を伸ばし

(もっとたかくりょうてをひろげて)

もっと高く両手を広げて

(もっともっとたかくきっと)

もっともっとたかくきっと

(そのつかめるむげんなきみのみらい)

そのつかめる無限な君の未来

(ときはりゅうせいのように)

時は流星のように

(ながくひかるおをひき)

長く光る尾を引き

(まばたくまに)

瞬く間に

(かけぬけてゆくから)

かけぬけてゆくから

(にどともどらないきょうを)

にどともどらないきょうを

(いまとむきあうつよさを)

いまと向き合う強さを

(あきらめたりしないとちかおう)

あきらめたりしないと誓おう

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。