「くちなしの花」タイピング

投稿者陸鹿プレイ回数141
楽曲情報 くちなしの花  渡 哲也  作詞水木 かおる  作曲遠藤 実
難易度(2.3) 424打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 タイピング くちなしの花 lulu
「くちなしの花」を口ずさみながら、タイピングを楽しみましょう。
「くちなしの花」は、渡哲也が1973年8月21日に発表したシングル曲。
※このタイピングは「くちなしの花」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 たま 7436 7.6 97.2% 55.4 424 12 18 2020/09/23
2 ひろ 3305 D 3.5 94.2% 120.4 424 26 18 2020/09/04

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いまではゆびわもまわるほど)

いまでは指輪も回るほど

(やせてやつれたおまえのうわさ)

痩せてやつれたお前の噂

(くちなしのはなのはなのかおりが)

くちなしの花の花の香りが

(たびじのはてまでついてくる)

旅路の果てまでついてくる

(くちなしのしろいはな)

くちなしの白い花

(おまえのようなはなだった)

お前のような花だった

(わがままいってはこまらせた)

我が儘言っては困らせた

(こどもみたいなあのひのおまえ)

子どもみたいなあの日のお前

(くちなしのあめのあめのわかれが)

くちなしの雨の雨の別れが

(いまでもこころをしめつける)

今でも心をしめつける

(くちなしのしろいはな)

くちなしの白い花

(おまえのようなはなだった)

お前のような花だった

(ちいさなしあわせそれさえも)

小さな幸せそれさえも

(すててしまったじぶんのてから)

捨ててしまった自分の手から

(くちなしのはなをはなをみるたび)

くちなしの花を花を見るたび

(さびしいえがおがまたうかぶ)

淋しい笑顔がまた浮かぶ

(くちなしのしろいはな)

くちなしの白い花

(おまえのようなはなだった)

お前のような花だった

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

陸鹿のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971