僕と不良と校庭で

投稿者vi4t767753プレイ回数41
楽曲情報 僕と不良と校庭で  山崎 まさよし  作詞山崎 将義  作曲山崎 将義
難易度(3.9) 715打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 山崎まさよし
Best album「BLUE PERIOD」収録
※このタイピングは「僕と不良と校庭で」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(とつぜんのきみのたよりはなつかしいぶきようなもじと)

突然の君の便りは懐かしい不器用な文字と

(どこかとおいくにのそらのえはがき)

どこか遠い国の空の絵葉書

(あのころやがてぼくらもおとなになるとおもってたけど)

あの頃やがて僕らも大人になると思ってたけど

(はっきりとしたみらいはえがけずにすごしていた)

はっきりとした未来は描けずに過ごしていた

(こうしゃのうえにひろがる5じげんめのそら)

校舎の上に広がる5時限目の空

(たいくつなせかいしよりかぜにゆれてるまどのそとずっとみてた)

退屈な世界史より風に揺れてる窓の外ずっと見てた

(そしてひとなみにこいもしてつきなみなかなしみもしったけど)

そして人並みに恋もして月並みな悲しみも知ったけど

(まだぼくはすぎてゆくひびにまよいのこしてる)

まだ僕は過ぎてゆく日々に迷い残してる

(てにしたものはいくつかいろあせてたけど)

手にしたものはいくつか色褪せてたけど

(おぼつかないゆびさきでおぼえたうたはいまもまだうたってる)

おぼつかない指先で憶えた唄は今もまだ歌ってる

(いつかのゆうやみせまるあのこうていから)

いつかの夕闇迫るあの校庭から

(ぼくらのほそいかげはどこまでものびてった)

僕らの細い影はどこまでも伸びてった

(とつぜんのきみのたよりにみじかいへんじをだすことにした)

突然の君の便りに短い返事を出すことにした

(いまぼくがあるいてるまちのしゃしんをそえて)

今僕が歩いてる街の写真を添えて

(たしかなことはいまもまだみえないけれど)

確かなことは今もまだ見えないけれど

(これからどこにむかうのかわからないけど)

これからどこに向かうのかわからないけど

(いきをきらしはしりぬけたあのこうていにあたらしいかぜがふく)

息を切らし走り抜けたあの校庭に新しい風が吹く

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。