DIAMOND SKIN

投稿者一花プレイ回数16
楽曲情報 DIAMOND SKIN  GLAY  作詞TAKURO  作曲TAKURO
難易度(2.3) 852打 歌詞 長文モード可タグDIAMOND SKIN ダイヤモンドスキン GLAY
※このタイピングは「DIAMOND SKIN」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あなたはとてもうつくしい)

あなたはとても美しい

(あなたはいつもやさしい)

あなたはいつも優しい

(あなたはときにくるおしい)

あなたは時に狂おしい

(わたしはなんてかなしい)

わたしはなんて悲しい

(「であわなければよかった」)

「出逢わなければ 良かった…」

(それぞれのいまをこわせない)

それぞれの現在を 壊せない

(かなわないゆめひとつ)

叶わない夢ひとつ

(くちづけのあとで)

口づけの後で

(とおくをみつめていた)

遠くを見つめていた

(あなたはそれに)

あなたはそれに

(きづいていた)

気づいていた

(うたがうことなど)

疑う事など

(しらなかったあのひ)

知らなかったあの日

(あついはだとはだを)

熱い肌と肌を

(よりあわせた)

寄り合わせた

(あなたはとっくにかんじてる)

あなたはとっくに感じてる

(あなたはそれでも)

あなたはそれでも

(だきよせる)

抱き寄せる

(あなたはおわりにめをふせる)

あなたは終わりに 目を伏せる

(わたしはやがてはいになる)

わたしはやがて灰になる

(「だかれたいからゆるした」)

「抱かれたいから 許した」

(たいせつなひとをうばえない)

大切な人を奪えない

(こばめないとわかって)

拒めないとわかって

(だれにもいえない)

誰にも言えない

(こいがむせびないた)

恋がむせび泣いた

(おわらないうたがきこえた)

終わらない歌が聴こえた

(じょうねつがはじけて)

情熱が弾けて

(むねをやきこがした)

胸を焼き焦がした

(「きらいになれたらいいのにね」)

「嫌いになれたら いいのにね」

(はじめてのよるに)

初めての夜に

(ぬれたまえがみを)

濡れた前髪を

(きれいなゆびでなぞれば)

綺麗な指でなぞれば

(それはとても)

それはとても

(あいににていた)

愛に似ていた

(くちづけのあとで)

口づけの後で

(とおくをみつめていた)

遠くを見つめていた

(あなたはそれに)

あなたはそれに

(きづいていた)

気づいていた

(うたがうことなど)

疑う事など

(しらなかったあのひ)

知らなかったあの日

(あついはだとはだを)

熱い肌と肌を

(よりあわせた)

寄り合わせた

(こんなにもとめても)

こんなに求めても

(もとめてももとめても)

求めても 求めても

(まだたりず)

まだ足りず

(もとめあうけれど)

求め合うけれど

(どんなにきずついて)

どんなに傷ついて

(きずついてきずついても)

傷ついて 傷ついても

(このあいはきずつくことのない)

この愛は傷つくことのない

(だいやのように)

ダイヤの様に