夏夜のマジック

投稿者ルナプレイ回数229
楽曲情報 夏夜のマジック  indigo la End  作詞川谷 絵音  作曲川谷 絵音
難易度(2.1) 1140打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 川谷絵音 indigo la end
※このタイピングは「夏夜のマジック」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 たま 7484 7.6 97.4% 148.3 1140 30 54 2020/08/24
2 ふふ 4226 C 4.5 93.4% 250.8 1140 80 54 2020/10/09

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なつのにおいをすいこんではきだす)

夏の匂いを吸い込んで吐き出す

(よわいままおとなになったぼくでも)

弱いまま大人になった僕でも

(きょうはすこし)

今日は少し

(つよくなったきがして)

強くなった気がして

(はしゃぐきみのかおをおもいうかべた)

はしゃぐ君の顔を思い浮かべた

(まつりのおとがきこえはじめるじかんに)

祭りの音が聞こえ始める時間に

(きまってなくのらねこのかおがうれしそうだ)

決まって鳴く野良猫の顔が嬉しそうだ

(きみのほうがぼくより)

君の方が僕より

(なつがすきだったね)

夏が好きだったね

(よるがかさなりあった)

夜が重なりあった

(きょうだけはなつのよるのまじっくで)

今日だけは夏の夜のマジックで

(こんやだけのまじっくで)

今夜だけのマジックで

(うたわせて)

歌わせて

(いまならきみのことがわかるようなきがする)

今なら君のことがわかるような気がする

(なつのよるかぎりのまじっくで)

夏の夜限りのマジックで

(こんやかぎりのまじっくで)

今夜限りのマジックで

(みをまかす)

身を任す

(よあけがながれるまで)

夜明けが流れるまで

(くらしのなかでうまれるうたをうたって)

暮らしの中で生まれる歌を歌って

(しあわせをかなしみつまんで)

幸せを悲しみ摘んで

(おもいながらあるいた)

想いながら歩いた

(うちあがったはなびをみてわらったきみを)

打ちあがった花火を見て笑った君を

(おもいだしたよ)

思い出したよ

(きょうだけはなつのよるのまじっくで)

今日だけは夏の夜のマジックで

(こんやだけのまじっくで)

今夜だけのマジックで

(うたわせて)

歌わせて

(いまならきみのことがわかるようなきがする)

今なら君のことがわかるような気がする

(なつのよるかぎりのまじっくで)

夏の夜限りのマジックで

(こんやかぎりのまじっくで)

今夜限りのマジックで

(みをまかす)

身を任す

(よあけがながれるまで)

夜明けが流れるまで

(きおくにふたをするのはもったいないよ)

記憶に蓋をするのは勿体無いよ

(じかんがながれて)

時間が流れて

(すこしはきれいなことばになって)

少しは綺麗な言葉になって

(なつになるとおもいだすわかれのうたも)

夏になると思い出す別れの歌も

(いまならぼくをすくうきがする)

今なら僕を救う気がする

(きょうだけはなつのよるのまじっくで)

今日だけは夏の夜のマジックで

(こんやだけのまじっくで)

今夜だけのマジックで

(うたわせて)

歌わせて

(いまならきみのことがわかるようなきがする)

今なら君のことがわかるような気がする

(なつのよるかぎりのまじっくで)

夏の夜限りのマジックで

(こんやかぎりのまじっくで)

今夜限りのマジックで

(みをまかす)

身を任す

(よあけがながれるまで)

夜明けが流れるまで

(なつがおわるまえに)

夏が終わる前に

(このうたがはじまって)

この歌が始まって

(こぼれるふたりをみまもるから)

こぼれる2人を見守るから

(なつよ)

夏よ

(ららら)

ラララ

(うたわせて)

歌わせて

(ららら)

ラララ

(なつよ)

ナツヨ

(ららら)

ラララ

(うたわせて)

歌わせて

ルナのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971