つづれ織り

投稿者一花プレイ回数42
楽曲情報 つづれ織り~SO FAR AND YET SO CLOSE~  GLAY  作詞TAKURO  作曲TAKURO
難易度(3.1) 1082打 歌詞 長文モード可タグつづれ織り GLAY
※このタイピングは「つづれ織り~SO FAR AND YET SO CLOSE~」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ふりつもるおもいでより)

降り積もる想い出より

(あなたをあいしてる)

アナタを愛してる

(たちどまりうずくまった)

立ち止まり うずくまった

(わたしをみつけて)

私を見つけて

(きずつけあうままに2りすごしていて)

傷つけ合うままに 2人過ごしていて

(なんどもうあわないと)

何度 もう会わないと

(なんどなみだながした)

何度 涙ながした

(わかすぎてたがいのきもちみえないひには)

若すぎて互いの気持ち 見えない日には

(あたたかなそのうでをずっとつかんでた)

温かなその腕を ずっと掴んでた

(なんどなんどみちくさしても)

何度 何度道草しても

(2りはこのばしょが)

2人はこの場所が

(とてもすきだったから)

とても好きだったから

(なつのそらはほしが)

夏の空は星が

(とてもきれいだったねこのおもい)

とても綺麗だったね この想い

(うけとめてくれたならoh)

受け止めてくれたなら oh

(ふりつもるおもいでより)

降り積もる想い出より

(あなたをあいしてる)

アナタを愛してる

(たちどまりうずくまった)

立ち止まり うずくまった

(わたしをみつけて)

私を見つけて

(ときとしてすべてによわきになる)

時として全てに弱気になる

(わたしをみつめていてwow)

私を見つめていて wow…

(あなたにあうまでの)

アナタに会うまでの

(みちのりはくらくて)

道のりは暗くて

(まちのひをひとりきりとおくでながめていた)

街の灯を独りきり 遠くで眺めていた

(じぶんらしさなんて)

自分らしさなんて

(ことばはきらいだった)

言葉は嫌いだった

(いきかたがじょうずなひとのせりふだって)

生き方が上手な人の 台詞だって

(こころをかくしいきをひそめた)

心を隠し息を潜めた

(そしてこのばしょで)

そしてこの場所で

(あなたにであった)

あなたに出逢った

(はじめてかわしあったことばをおぼえている?)

初めて交し合った言葉を 憶えている?

(いまだってだいじなたからものなのにoh)

今だって大事な宝物なのに oh

(おなじそらみあげるのに)

同じ空 見上げるのに

(いつもとちがってる)

いつもと違ってる

(いつのまにわたしたちは)

いつの間に私たちは

(こんなにとおくへ)

こんなに遠くへ

(ときとしてすべてによわきになる)

時として全てに弱気になる

(わたしをみつめていて)

私を見つめていて

(ふりつもるおもいでより)

降り積もる想い出より

(あなたをあいしてる)

アナタを愛してる

(たちどまりうずくまった)

立ち止まり うずくまった

(わたしをみつけて)

私を見つけて

(めのまえのゆめのために)

目の前の夢の為に

(わかってくれたのに)

わかってくれたのに

(いつのまにわたしたちは)

いつの間に私たちは

(こんなにとおくへ)

こんなに遠くへ

(ときとしてすべてによわきになる)

時として全てに弱気になる

(わたしをみつめていて)

私を見つめていて

(わたしをみつめていて)

私を見つめていて

(wooそのあいでわたしをみつけて)

woo その愛で 私を見つけて

一花のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971