ANGEL'S SONG

投稿者\(^O^)/プレイ回数66
楽曲情報 ANGEL′S SONG  浜崎 あゆみ  作詞浜崎 あゆみ  作曲湯汲 哲也
難易度(2.3) 1132打 歌詞 かな 長文モード可タグ浜崎あゆみ あゆ ayu ayumi hamasaki エンジェルソング
浜崎あゆみ「ANGEL'S SONG」
ねぇ → ねえ
※このタイピングは「ANGEL′S SONG」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ぶんた 3561 D+ 3.7 95.9% 315.0 1171 49 47 2020/10/13

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ひとりぼっちなんかじゃないんだと)

ひとりぼっちなんかじゃないんだと

(よるににげこんでいいきかせた)

夜に逃げ込んで言い聞かせた

(けっきょくそれはじぶんのこどくを)

結局それは自分の孤独を

(ひにひにうきぼりにしてくだけだった)

日に日に浮き彫りにしてくだけだった

(けんそうからはなれたかえりみち)

喧騒から離れた帰り道

(いつもとなにもかわらないのに)

いつもと何も変わらないのに

(くりかえしてくのかとおもったら)

繰り返してくのかと思ったら

(きゅうになみだがこみあげてきた)

急に涙が込み上げて来た

(たよりなくてなさけなくて)

頼りなくて情けなくて

(ふあんでさみしくって)

不安で淋しくって

(こえにならないこえで)

声にならない声で

(ぬくもりをほしがった)

温もりを欲しがった

(ねえきみはたしかにとつぜんあらわれ)

ねぇ君は確かに突然現われ

(わたしのくらやみにひかりさした)

私の暗闇に光射した

(そしてすこしわらって)

そして少し笑って

(だいじょうぶだってうなずいて)

大丈夫だって頷いて

(わたしのてをとってあるきだした)

私の手を取って歩きだした

(きみのせにてんしのはねをみた)

君の背に天使の羽を見た

(つよくなりたいとねがったのは)

強くなりたいと願ったのは

(いたみににぶくなるためじゃない)

痛みに鈍くなる為じゃない

(たすけられてささえられて)

助けられて支えられて

(あたえあってゆるしあった)

与えあって許し合った

(あのひまもっていきたい)

あの日守って行きたい

(ものができたから)

ものが出来たから

(ねえきみはときどき)

ねぇ君は時々

(むぼうびすぎるくらい)

無防備すぎるくらい

(わたしにすべてでぶつかってくる)

私に全てでぶつかって来る

(それはあまりにも)

それはあまりにも

(まぶしすぎるほどで)

眩しすぎる程で

(わたしはまばたきさえもおしむの)

私は瞬きさえも惜しむの

(きみはせにてんしのはねをもつ)

君は背に天使の羽を持つ

(ねえきみはたしかにとつぜんあらわれ)

ねぇ君は確かに突然現われ

(わたしのくらやみにひかりさした)

私の暗闇に光射した

(そしてすこしわらって)

そして少し笑って

(だいじょうぶだってうなずいて)

大丈夫だって頷いて

(わたしのてをとってあるきだした)

私の手を取って歩きだした

(ねえきみはときどき)

ねぇ君は時々

(むぼうびすぎるくらい)

無防備すぎるくらい

(わたしにすべてでぶつかってくる)

私に全てでぶつかって来る

(それはあまりにも)

それはあまりにも

(まぶしすぎるほどで)

眩しすぎる程で

(わたしはまばたきさえもおしむの)

私は瞬きさえも惜しむの

(きみはせにてんしのはねをもつ)

君は背に天使の羽を持つ

(このかなしきじだいのぎせいしゃに)

この悲しき時代の犠牲者に

(きみはどうかならないでほしい)

君はどうかならないで欲しい

(せつなるおもいがとどくようにと)

切なる想いが届くようにと

(わたしはきょうもいのるようにうたう)

私は今日も祈るように歌う