はじまりの空/+PLUS

投稿者たまプレイ回数198お気に入り1
楽曲情報 はじまりの空  +PLUS  作詞+PLUS  作曲+PLUS
難易度(4.3) 1292打 歌詞 長文モード推奨タグ歌詞 アニメ・マンガ FAIRYTAIL +PLUS
アニメ FAIRYTAIL歌詞 英文なし
※このタイピングは「はじまりの空」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はじまりのそらへ・・・ひかりさすほうへ・・・なにもこわくない・・・ぼくがいるから・・・)

はじまりの空へ…光射す方へ… 何も怖くない…僕がいるから…

(なんどもちにひざをついてぷらいどをまもれなくて)

何度も地に膝をついて プライドを守れなくて

(うたがいばかりうまれてもまだめをとじないで)

疑いばかり生まれても まだ目を閉じないで

(いまここでかのうせいをみきわめることなんてない)

今ここで可能性を見極めることなんてない

(なみだがあめにかわるときただきづいてほしい)

涙が雨に変わるとき ただ気付いて欲しい

(くやしさははきすてるよりつれてゆくことでいみがあるから)

悔しさは吐き捨てるより連れてゆくことで意味があるから

(きみがのぞむすべてがたとえつかめなくたってひとつだけゆずれないものてにして)

君が望むすべてが たとえ掴めなくたって ひとつだけ譲れないもの手にして

(はじまりのそらをむかえにゆくよふりかえらずまえをみて)

はじまりの空を迎えにゆくよ 振り返らず前を見て

(せにかぜをかんじたならふくざつなことなんてなにもないはずさ)

背に風を感じたなら複雑なことなんて何もないはずさ

(みわたせばいつものえがおがあるからひとりでかかえこまないで)

見渡せばいつもの笑顔があるから 一人で抱え込まないで

(こたえはあせらずこのみちのとちゅうでであうものさきっと)

答えは焦らず この道の途中で出会うものさ きっと

(「さいのう」なんてひとことでかたづけられたくはなくて)

「才能」なんて一言で片付けられたくはなくて

(みちばたにさくはなのようにふまれてつよくなる)

道端に咲く花のように踏まれて強くなる

(だれかのしたうちがみみざわりになっても)

誰かの舌打ちが耳障りになっても

(しんじるきもちこのむねにいつまでもともして)

信じる気持ちこの胸に いつまでも灯して

(じょうねつがいきをひきとるそのしゅんかんはだれかのせいじゃない)

情熱が息をひきとるその瞬間は 誰かのせいじゃない

(つまらないじょうしきでたいようをかくすことはないいいわけでつみあげたかべこわして)

つまらない常識で太陽を隠すことはない 言い訳で積み上げた壁こわして

(はじまりのそらへいまとびだしておもいはみなぎってゆく)

はじまりの空へ今飛び出して 想いはみなぎってゆく

(くりかえすくらやみさえたいせつななにかをおしえてくれるから)

くり返す暗闇さえ大切な何かを教えてくれるから

(みちなるあすこそそうぞういじょうのせかいがまっているはずさ)

未知なる明日こそ想像以上の世界が待っているはずさ

(いつだってささえるぬくもりがあることわすれないでずっと)

いつだって支える 温もりがあること忘れないで ずっと

(はじまりのそらをむかえにゆくよふりかえらずまえをみて)

はじまりの空を迎えにゆくよ 振り返らず前を見て

(せにかぜをかんじたならふくざつなことなんてなにもないはずさ)

背に風を感じたなら複雑なことなんて何もないはずさ

(みわたせばいつものえがおがあるからひとりでかかえこまないで)

見渡せばいつもの笑顔があるから 一人で抱え込まないで

(こたえはあせらずこのみちのとちゅうでであうものさきっと)

答えは焦らず この道の途中で出会うものさ きっと

(はじまりのそらへ・・・ひかりさすほうへ・・・)

はじまりの空へ…光射す方へ…

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!