僕等バラ色の日々

投稿者tetsukodxプレイ回数388
楽曲情報 僕等バラ色の日々  鬼束 ちひろ  作詞鬼束 ちひろ  作曲鬼束 ちひろ
難易度(2.3) 1005打 歌詞 かな 長文モード可タグ鬼束ちひろ 歌詞 音楽
僕等バラ色の日々/鬼束ちひろ
鬼束ちひろさんの「僕等バラ色の日々」です。
当て字等は歌詞のままにしてあります。
※このタイピングは「僕等バラ色の日々」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(このやみはひかりだといいきかせた)

この闇は光だと言い聞かせた

(きみがなくようにわらうから)

君が泣くように笑うから

(もとめるようなことはできないのをおぼえた)

求めるようなことは出来ないのを覚えた

(あさとよるのこきゅうをみうしなった)

朝と夜の呼吸を見失った

(こごえてはやけどしながらも)

凍えては火傷しながらも

(やさしいこえでうたいあえるのをためした)

優しい声で歌い合えるのを試した

(いえるはずもなかった)

言えるはずもなかった

(さがしてるものはもうないなんて)

探してるものはもう無いなんて

(うそをつきすぎてほんとうになった)

嘘を吐き過ぎて本当になった

(このせかいで)

この世界で

(ひとはまいごになるということを)

人は迷子になるという事を

(だいてあるいてゆけるから)

抱いて 歩いてゆけるから

(どうぞてをはなして)

どうぞ手を離して

(なんどきずあとがきえても)

何度傷跡が消えても

(くりかえすまるであやまちのように)

繰り返す まるで過ちのように

(ああぼくらばらいろのひび)

ああ僕等バラ色の日々

(いくあてはいつだってどこにもなくて)

行く宛はいつだって何処にもなくて

(それでもたどりつかすかぜをまちつづけてる)

それでも到り着かす風を待ち続けてる

(かなしいはてにみえるならめをとじて)

悲しい果てに見えるなら目を閉じて

(らくえんははるかむこうで)

楽園は遥か向こうで

(こんなになにもこたえないまま)

こんなに何も答えないまま

(それをうけいれておきざりにされた)

それを受け入れて置き去りにされた

(このおもいは)

この想いは

(ひとはとべずにたちどまることを)

人は飛べずに立ち止まる事を

(しっていつかはおとなになる)

知って いつかは大人になる

(だからてをはなそう)

だから手を離そう

(はじめからまぼろしのふりして)

最初めから幻の振りして

(きえていくまるでいなかったように)

消えていく まるでいなかったように

(ああぼくらばらいろのひび)

ああ僕等バラ色の日々

(ひとはまいごになるということを)

人は迷子になるという事を

(だいてあるいてゆけるから)

抱いて 歩いてゆけるから

(どうぞてをはなして)

どうぞ手を離して

(なんどきずあとがきえても)

何度傷跡が消えても

(くりかえすくりかえす)

繰り返す 繰り返す

(ひとはとべずにたちどまることを)

人は飛べずに立ち止まる事を

(しっていつかはおとなになる)

知って いつかは大人になる

(だからてをはなそう)

だから手を離そう

(はじめからまぼろしのふりして)

最初めから幻の振りして

(きえていくまるでいなかったように)

消えていく まるでいなかったように

(ああぼくらばらいろのひび)

ああ僕等バラ色の日々

(ああぼくらばらいろのひび)

ああ僕等バラ色の日々

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。