白虎野の娘/平沢進

投稿者He_ui_1stプレイ回数153
楽曲情報 白虎野の娘  平沢 進  作詞平沢 進  作曲平沢 進
難易度(2.4) 895打 歌詞 かな 長文モード可タグ平沢進 P-MODEL パプリカ
既出の楽曲ですが、格別に好きな曲なので設問させて頂きました。
※このタイピングは「白虎野の娘」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 キリコ 4956 B 5.1 96.2% 173.5 895 35 35 2020/10/19
2 hirokiti 4643 C++ 4.7 96.9% 190.8 915 29 35 2020/10/02

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(とおくのそらまわるはなの)

遠くの空 回る花の

(えんじんのかまびすしさに)

円陣の 喧しさに

(あのひやあのひに)

あの日や あの日に

(こえてきたぶんきがめをさます)

越えてきた分岐が 目を覚ます

(かげろうにみをかりて)

かげろうに 身を借りて

(みちをさすむすめをおい)

道を指す娘を追い

(たかだいにあらわれた)

高台に現れた

(なもしらぬひろのはなつかしく)

名も知らぬ広野は懐かしく

(あれがゆめでみせたまちと)

あれが夢で見せた街と

(かげのこえがささやいた)

影の声がささやいた

(くるひもくるひも)

来る日も 来る日も

(いくせんのぶんきをこえたとき)

幾千の分岐を越えたとき

(くらがりのけんじんがすてられたひびをあつめ)

暗がりの賢人が 捨てられた日々を集め

(うみぞいにうみぞいに)

海沿いに 海沿いに

(みもしらぬほのおをおどらせた)

見も知らぬ炎を 躍らせた

(ああまんとるがじょうぜつにひをふきあげて)

ああ マントルが饒舌に 火を吹き上げて

(すてられたのにたつひとをいわうよ)

捨てられた野に立つ 人を祝うよ

(ああしずかなしずかなむすめのしやで)

ああ 静かな 静かな 娘の視野で

(ああみしらぬみやこにひがともりだす)

ああ 見知らぬ都に 灯がともりだす

(たかくそらしゅにそめ)

高く空 朱に染め

(ひのもえるごときのくももよう)

火の燃える如きの 雲模様

(あのひやあのひや)

あの日や あの日や

(あのときになくしたみちをみせ)

あのときに失くした 道を見せ

(くりかえしゆめにふく)

繰り返し夢に吹く

(かぜをおいときをくだり)

風を追い 時を下り

(かわぞいにかわぞいに)

川沿いに 川沿いに

(みもしらぬしふくのはなをみた)

見も知らぬ 至福の花を見た

(ああまんとるがじょうぜつにひをふきあげて)

ああ マントルが饒舌に 火を吹き上げて

(すてられたのにたつひとをいわうよ)

捨てられた野に立つ 人を祝うよ

(ああしずかなしずかなむすめのしやで)

ああ 静かな 静かな 娘の視野で

(ああみしらぬみやこにひがともりだす)

ああ 見知らぬ都に 灯がともりだす

(ああまんとるがじょうぜつにひをふきあげて)

ああ マントルが饒舌に 火を吹き上げて

(すてられたのにたつひとをいわうよ)

捨てられた野に立つ 人を祝うよ

(ああしずかなしずかなむすめのしやで)

ああ 静かな 静かな 娘の視野で

(ああみしらぬみやこにひがともりだす)

ああ 見知らぬ都に 灯がともりだす

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

He_ui_1stのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971