RAIN_COVERED BY春茶

投稿者mokachamuプレイ回数00
楽曲情報 RAINSONGS  秦 基博  作詞秦 基博  作曲秦 基博
難易度(3.7) 1191打 歌詞 長文モード可タグRAIN 春茶 歌詞 音楽
※このタイピングは「RAINSONGS」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ことばにできずこごえたままでひとまえではやさしくいきていた)

言葉に出来ず凍えたままで人前では優しく生きていた

(しわよせでこんなふうにざつにあめのよるにきみをだきしめてた)

しわ寄せでこんな風に雑に雨の夜に君を抱きしめてた

(どうろわきのびらとこわれたじょうやとう)

道路脇のビラと壊れた常夜灯

(まちかどではそうだれもがいそいでた)

街角ではそう誰もが急いでた

(きみじゃないわるいのはじぶんのはげしさをかくせないぼくのほうさ)

君じゃない悪いのは自分の激しさを隠せない僕の方さ

(ladyきみはあめにけむる すいたえきをすこしはしった)

LADY君は雨にけむる 空いた駅を少し走った

(どしゃぶりでもかまわないとずぶぬれでもかまわないと)

土砂降りでもかまわないとずぶ濡れでもかまわないと

(しぶきあげるきみがきえてく)

しぶきあげる君が消えてく

(ろじうらではあさがはやいからいまのうちにきみをつかまえ)

路地裏では朝が早いから今のうちに君を掴まえ

(いかないでいかないでそういうよ)

行かないで行かないでそう言うよ

(べつべつにくらすなきだしそうなそらを)

別々に暮らす泣き出しそうな空を

(にぎりしめるつよさはいまはもうない)

握り締める強さは今はもう無い

(かわらずいるこころのすみだけで)

変わらずいる心の隅だけで

(きずつくようなきみならもういらない)

傷つくような君ならもういらない

(ladyきみはあめにぬれてぼくのめをすこしみていた)

LADY君は雨に濡れて僕の目を少し見ていた

(どしゃぶりでもかまわないとずぶぬれでもかまわないと)

土砂降りでもかまわないとずぶ濡れでもかまわないと

(くちぶえふくぼくがついてく)

口笛吹く僕が着いてく

(ずいぶんきみをしりすぎたのにはじめてあらそったよるのように)

随分君を知りすぎたのに初めて争った夜のように

(いかないでいかないでそういうよ)

行かないで行かないでそう言うよ

(かたがかわいたしゃつかいさつをでるころ)

肩が乾いたシャツ改札を出る頃

(きみのまちじゃもうあめはこぶりになる)

君の街じゃもう雨は小降りになる

(きょうだけがあしたにつづいてる)

今日だけが明日に続いてる

(こんなふうにきみとはおわれない)

こんな風に君とは終われない

(ladyきみはいまもこうしてちいさめのかさもささすずに)

LADY君は今もこうして小さめの傘も差さすずに

(どしゃぶりでもかまわないとずぶぬれでもかまわないと)

土砂降りでもかまわないとずぶ濡れでもかまわないと

(しぶきあげるきみがきえてく)

しぶきあげる君が消えてく

(ろじうらではあさがはやいからいまのうちにきみをつかまえ)

路地裏では朝が早いから今のうちに君を掴まえ

(いかないでいかないでそういうよ)

行かないで行かないでそう言うよ

(どしゃぶりでもかまわないとずぶぬれでもかまわないと)

土砂降りでもかまわないとずぶ濡れでもかまわないと

(くちぶえふくぼくがついてく)

口笛吹く僕が着いてく

(ずいぶんきみをしりすぎたのにはじめてあらそったよるのように)

随分君を知りすぎたのに初めて争った夜のように

(いかないでいかないでそういうよ)

行かないで行かないでそう言うよ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。