輝いて

投稿者一花プレイ回数00
楽曲情報 輝いて  フランシュシュ  作詞古屋 真  作曲加藤 裕介
ゾンビランドサガ
※このタイピングは「輝いて」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ちどり 3808 D++ 4.2 90.5% 258.6 1100 115 50 2020/10/24

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かげにひそむじんせいだって)

陰に潜む人生だって

(だれかにゆずっていた)

誰かに 譲っていた

(くさもはなもあしたちるなら)

草も花も 明日散るなら

(このひをたたえかがやいて)

この日を 讃え 輝いて

(wowwowwowstillalive)

WOW wow wow… Still alive

(なげいたりさげすむめでみてた)

嘆いたり 蔑む目で見てた

(かがみはもうすてたの)

鏡は もう捨てたの

(しあわせもうつくしさのいみも)

幸せも 美しさの意味も

(ひとにはきめさせないから)

人には 決めさせないから

(ふつうなどけちらして)

普通など蹴散らして(Uh Shine on)

(こせいをだきしめて)

個性を抱きしめて(Uh Shine on)

(ひるまずにときはなて)

怯まずに 解き放て

(このきせきを)

この奇跡を

(ぜんしんぜんれいいきて)

全身全霊 活きて(Ah Oh Hungry)

(にげだしても)

逃げ出しても

(どうあがいてもはいまわっても)

どう足掻いても 這い回っても

(せかいのまんなか)

世界の真ん中

(だからふかんぜんたいですすめ)

だから 不完全体で進め(Ah Oh Hungry)

(ゆがみさえもほこりながらさらしながら)

歪みさえも 誇りながら 晒しながら

(よろこびくいつくせ)

喜びを 喰い尽くせ

(しゅくふくをこのそらを)

祝福をこの空を

(あびながらあるいてゆこう)

浴びながら歩いて行こう

(ひかりあれいただきをかんじるため)

光あれ 頂きを 感じるため

(ぶれなくぶれなくみあげよう)

ブレなく ブレなく 見上げよう

(ひとなみのしあわせはあきらめろとか)

人並みの幸せは諦めろとか

(おおきなおせわで)

大きなお世話で

(ひとなみをのみこんでくえ)

人波を飲み込んで 喰え

(せいめいそうせいいらいのできそこないなら)

生命 創世 以来の 出来損ないなら

(むねをはるのがかたるしすじゃない?)

胸を張るのが カタルシスじゃない?

(はいになるひがきても)

灰になる日が来ても

(むねをはってさけぶよ)

胸を張って叫ぶよ

(わたしはここにいきた)

私は此処に生きた

(あるがままの)

在るが儘の

(ぜんそんざいをかけて)

全存在を懸けて(Ah Oh Hungry)

(しょうさんされることがなくてもひびかなくても)

賞賛される事がなくても 響かなくても

(たましいのねんしょう)

魂の燃焼

(つよくふたいてんぶらいのえみで)

強く 不退転 無頼の笑みで(Ah Oh Hungry)

(あふれるほどたぎるあいでみちるあいで)

溢れるほど 滾る愛で 満ちる愛で

(そのうたをきざみこめ)

その歌を 刻み込め

(きめつけにはなむけを)

決めつけに 餞を

(たくましいあしあとをたて)

逞しい足音を立て

(ひびきあえだれもかれも)

響き合え 誰も彼も

(このきせきを)

この奇跡を

(おうかしおうかしつづけよう)

謳歌し 謳歌し 続けよう

(wowwowwow)

Wow wow wow…

(ひかりあれやみをぬけて)

光あれ 闇を抜けて

(かぜをしんじてぜつぼうのでぐちへつきすすめ)

風を信じて 絶望の出口へ突き進め

(ひかりあれいぶきがあるいきている)

光あれ 息吹が在る 生きている

(ぶれなくぶれなく)

ブレなく ブレなく

(じゆうにかがやいて)

自由に 輝いて

一花のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971