ひともどき

投稿者降谷プレイ回数00
楽曲情報 ひともどき  まふまふ  作詞まふまふ  作曲まふまふ
難易度(3.4) 1092打 歌詞 かな 長文モード可タグひともどき まふまふ
まふまふ
※このタイピングは「ひともどき 」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 3702 D+ 4.1 89.7% 260.6 1090 125 27 2020/10/29
2 かぼちゃ 3197 E++ 3.8 85.8% 286.5 1096 180 27 2020/10/27
3 花笑 2228 F+ 2.2 97.5% 477.8 1092 27 27 2020/11/15

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きまぐれになりだすきみのせいでわらいたいひびからたいじょう)

気まぐれに鳴り出す君のせいで 笑いたい日々から退場

(とおのいたてんじょうにすがってる)

遠のいた天井に縋ってる

(ひともどきはきょうもいきをすってわらえないひびだけかんしょう)

人もどきは今日も息を吸って 笑えない日々だけ鑑賞

(これがぼくのじんせいです)

これがボクの人生です

(えいりなはもののふかいきずよりしらずにあいたこころのあながいたいよ)

鋭利な刃物の深い傷より 知らずに開いた 心の穴が痛いよ

(きづいたよじしょになもないようななりそこないだろうしってたまるもんか)

気づいたよ 辞書に名もないような なり損ないだろう 知ってたまるもんか

(ひとのなりでひとになれずにのろってうらんだせかいをあいしてしまった)

人の形で人になれずに 呪って恨んだ世界を 愛してしまった

(このしんぞうがみゃくうつだけのさめないゆめをみている)

この心臓が脈打つだけの 覚めない夢を見ている

(ぼくをひともどきとよぶ)

ボクを ひともどきと呼ぶ

(だれにもいえないことをふやしたひとらしいこころのしょうめい)

誰にも言えないことを増やした 人らしい心の証明

(ねえぼくはこんなんさわかってよ)

ねえ ボクはこんなんさ わかってよ

(きらってもらってもかまわないやうらんでくれないか)

嫌ってもらっても構わないや 恨んでくれないか

(きみもぼくをおぼえてくれましたか)

君も ボクを覚えてくれましたか

(あいとかみらいとかどこかでばかにしたみみざわりなことば)

愛とか未来とか どこかで馬鹿にした 耳障りな言葉

(どんなにどんなにつよがってうたったって)

どんなに どんなに 強がって歌ったって

(あなあいたりょうめにあふれていくさびしいよ)

穴空いた両目にあふれていく 寂しいよ

(もうどうしようもないくらいにきょうにすがってしまった)

もうどうしようもないくらいに 今日に縋ってしまった

(うしなうことがこわくなるようなやさしいゆめをみている)

失うことが怖くなるような 優しい夢を見ている

(ぼくをひともどきとよぶ)

ボクを ひともどきと呼ぶ

(きまぐれになりだすきみのせいでわらいたいひびからたいじょう)

気まぐれに鳴り出す君のせいで 笑いたい日々から退場

(とおのいたてんじょうにすがってる)

遠のいた天井に縋ってる

(ならばどうかあのがらくたみたいに)

ならば どうか あのガラクタみたいに

(けとばしてふんでくれたならいいのに)

蹴とばして 踏んでくれたならいいのに

(ひとのなりでひとになれずにのろってうらんだせかいをあいしてしまった)

人の形で人になれずに 呪って恨んだ世界を 愛してしまった

(やさしいひとのひとになれずにこのいのちをあいしてしまった)

優しい人の人になれずに この命を愛してしまった

(しんぞうよしんぞうよいっそとまってほしかった)

心臓よ 心臓よ いっそ止まって欲しかった

(ぼくをひともどきとよぶ)

ボクをひともどきと呼ぶ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

降谷のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971