この夏をジャムにしよう

投稿者mizuプレイ回数000
楽曲情報 この夏をジャムにしよう  日向坂46  作詞秋元 康  作曲PAKORAMA
難易度(2.8) 1139打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 日向坂46 日向坂
日向坂46の三期生ユニット曲の この夏をジャムにしよう です
※このタイピングは「この夏をジャムにしよう」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 パルプンテ 7585 7.8 96.3% 143.7 1133 43 49 2020/11/24
2 まかなえ 4383 C+ 4.5 97.4% 251.4 1132 30 49 2021/01/10

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ときはいつもあっというまにすぎる)

ときはいつもあっという間に過ぎる

(なみがひいたようにすべてがきえた)

波が引いたようにすべてが消えた

(きょうまでのすなはまのうえ)

今日までの砂浜の上

(さっきまではもっとたのしかったのに)

さっきまではもっと楽しかったのに

(ひやけだってやがてきえてしまうよ)

日灼けだってやがて消えてしまうよ

(たいようはいっしゅんのかじつ)

太陽は一瞬の果実

(できることならはりをとめたかった)

出来ることなら針を止めたかった

(stopthetimestoptheseason)

Stop the time Stop the season

(ずっとこのままでいたいとねがったのに)

ずっとこのままでいたいと願ったのに

(だけどまたちきゅうはまわりきせつはめぐる)

だけどまた地球は回り季節は巡る

(しゅんかしゅうとう)

春夏秋冬

(このなつをじゃむにしよう)

この夏をジャムにしよう

(おもいではあまくほろにがい)

思い出は甘くほろ苦い

(うみのにおいがする)

海の匂いがする

(なみだいろのきれいながらすびん)

涙色の キレイなガラス瓶

(こいだってじゃむにしよう)

恋だってジャムにしよう

(ちょっぴりすっぱかったけど)

ちょっぴり酸っぱかったけど

(たべきれないくらい)

食べきれないくらい

(きすだってしたし)

キスだってしたし

(れいぞうこにいれよう)

冷蔵庫に入れよう

(しおがひいたあとのかいがらのように)

潮が引いた後の貝殻のように

(むねのおくになにかつまっているよ)

胸の奥に何か詰まっているよ

(さよならはえいえんのいたみ)

サヨナラは永遠の痛み

(ゆうひにそまったかいがんせんのよこがおに)

夕日に染まった海岸線の横顔に

(iwishyousoineedyou)

I wish you so I need you

(そらにかがやいてたあのひのいちばんぼし)

空に輝いてたあの日の一番星

(やがてまたあまたのほしがあふれるけれど)

やがてまた数多の星が溢れるけれど

(あなただけ)

あなただけ

(たいせつなじゃむにしよう)

大切なジャムにしよう

(このままじゃもったいないじゃない?)

このままじゃもったいないじゃない?

(ぜんぶとっておこう)

全部取っておこう

(きらきらしたさいごのなつやすみ)

キラキラした 最後の夏休み

(おとなっぽいじゃむにしよう)

大人っぽいジャムにしよう

(いろんなけいけんしちゃったし)

色んな経験しちゃったし

(すぷーんでなめたら)

スプーンでなめたら

(ひみつのあじがする)

秘密の味がする

(いにしゃるだけのらべる)

イニシャルだけのラベル

(がらすびんのふたをあけたとき)

ガラス瓶のふたを開けたとき

(ぜったいおもいだすわ)

絶対思い出すわ

(みずみずしいせいしゅんのたからもの)

瑞々しい青春の宝物

(このなつをじゃむにしよう)

この夏をジャムにしよう

(おもいではあまくほろにがく)

思い出は甘くほろ苦く

(うみのにおいがする)

海の匂いがする

(ぴゅあすぎたむてんかのひび)

ピュアすぎた無添加の日々

(こいだってじゃむにしよう)

恋だってジャムにしよう

(ちょっぴりすっぱかったけど)

ちょっぴり酸っぱかったけど

(たべきれないくらいきすだってしたい)

食べきれないくらいキスだってしたい

(れいぞうこにいれよう)

冷蔵庫に入れよう

(いにしゃるだけのらべる)

イニシャルだけのラベル

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。