始まりはいつも突然に/JUJU

投稿者juju8プレイ回数249
楽曲情報 始まりはいつも突然に  JUJU  作詞間 智子  作曲楊 慶豪
難易度(2.5) 240秒 歌詞 かな 長文モード可タグJUJU
jujuの曲です
※このタイピングは「始まりはいつも突然に」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はじまりはいつもとつぜんにまいおちるゆきのように)

始まりはいつも突然に舞い落ちる雪のように

(きづけばせかいをかえてゆくの)

気づけば世界を変えてゆくの

(あさのくうきがそっと)

朝の空気がそっと

(ふゆのいおいをふっとはこんでくる)

冬の匂いをふっと運んでくる

(ためいきがしろいあさは)

ため息が白い朝は

(つよがりなこころさえたよりなくさせるの)

強がりな心さえ頼りなくさせるの

(ねぇひとりにもどったことを)

ねぇ一人に戻ったことを

(わたしにだけうちあけたのはどうして)

私にだけ打ち明けたのはどうして

(はじまりはいつもとつぜんにまいおちるゆきのように)

始まりはいつも突然に舞落ちる雪のように

(きづけばせかいをかえてゆくの)

気づけば世界を変えてゆくの

(むねのなかでうずいてるばしょ)

胸の中で疼いてる場所

(みないふりをしたけどこれいじょうちかづいたら)

見ないフリをしたけどこれ以上近づいたら

(くずれてしまいそうで)

崩れてしまいそうで

(いつだってなんどだって)

いつだって何度だって

(このてからこぼれてた)

この手からこぼれてた

(ぬくもりややさしいことばぜんぶ)

温もりや優しい言葉全部

(ひろいあつめてだきしめて)

拾い集めて抱きしめて

(いけたらこのむねで)

行けたらこの胸で

(さがしてたみらいみつかるかな)

探してた未来見つかるかな

(かじかんだゆびさきにかすかにのこるいたみが)

かじかんだ指先にかすかに残る痛みが

(きのうをつないでる)

昨日を繋いでる

(ねぇたくしーをおりるしゅんかん)

ねぇタクシーを降りる瞬間

(さりげなくてをにぎったのはなぜ)

さりげなく手を握ったのはなぜ

(もしもあしたをえらべるなら)

もしもあしたを選べるなら

(ほしいものはひとつだけ)

欲しいものはひとつだけ

(でもなぜこのてのばさないの)

でもなぜこの手伸ばさないの

(こたえなんてわからないけど)

答えなんて分からないけど

(すべてのことにいみがもしあるなら)

すべてのことに意味がもしあるなら

(こうかいしてもしんじてみたい)

後悔しても信じてみたい

(おもいはきっとつたわるって)

想いはきっと伝わるって

(いたみだってこえてくって)

痛みだって超えてくって

(たしかなときめききえないように)

確かなときめき消えないように

(ふりむかないでまえをむいて)

振り向かないで前を向いて

(にげないでむねをはって)

逃げないで胸を張って

(あなたのとなりでわらえるように)

あなたの隣で笑えるように

(よほうよりすこしはやくふりだしたはつゆきがきれいに)

予報より少し早く降り出した初雪が綺麗に

(こころをてらしだした)

心を照らし出した

(はじまりはいつもとつぜんにまいおちるゆきのように)

始まりはいつも突然に舞い落ちる雪のように

(きづけばせかいをかえてゆくの)

気づけば世界を変えてゆくの

(むねのなかでうずいてるばしょ)

胸の中で疼いてる場所

(みみをすましてみれば)

耳をすましてみれば

(もうこのままじゃいられないとさけんでいるの)

もうこのままじゃいられないと叫んでいるの

(いつだってなんどだって)

いつだって何度だって

(このてからこぼれてた)

この手からこぼれてた

(ぬくもりややさしいことばぜんぶ)

温もりや優しい言葉全部

(ひろいあつめてだきしめて)

拾い集めて抱きしめて

(いけたならいつかきっと)

行けたならいつかきっと