茜空

投稿者むさしプレイ回数116
楽曲情報 茜空  レミオロメン  作詞藤巻 亮太  作曲藤巻 亮太
難易度(2.5) 851打 歌詞 かな 長文モード可タグ茜空 レミオロメン 歌詞
レミオロメンの茜空です!
大好きな曲なので作りました!
※このタイピングは「茜空」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 riku 6385 S 6.4 98.8% 131.7 851 10 31 2022/01/04

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆうべのつきのおとついののこりの)

夕べの月の一昨日の残りの

(はるのにおいでめがさめる)

春の匂いで目が覚める

(わたしのすきなすにーかーでかよう)

私の好きなスニーカーで通う

(みちにさいたさくらなみき)

道に咲いた桜並木

(みみのさきではしがつのむしのうたがこころを)

耳の先では四月の虫の唄が心を

(ふるわすようにかなでるから)

震わすように奏でるから

(あかねぞらにまうはなびらのなか)

茜空に舞う花びらの中

(ゆめだけをしんじてかけぬけろ)

夢だけを信じて駆け抜けろ

(ひとみにはみらいがかがやいている)

瞳には未来が輝いている

(そうはるだから)

そう春だから

(さむさののこるまどぎわのべっどの)

寒さの残る窓際のベッドの

(むねのあたりがざわついた)

胸のあたりがざわついた

(わたしがおもうじぶんがうつろって)

私が想う自分が虚ろって

(べつのだれかみているようで)

別の誰か見ているようで

(こころのこえをひっしでさがしていたらうっすら)

心の声を必死で探していたらうっすら

(まどのそとはしらんでいった)

窓の外は白んでいった

(あかねぞらやせたつきよさえも)

茜空 痩せた月夜さえも

(あさへとそめあげるから)

朝へと染め上げるから

(きょうのひをまよわずいきていたい)

今日の日を迷わず生きていたい

(もうこないから)

もう来ないから

(たびのとちゅうむちのないふで)

旅の途中無知のナイフで

(むやみやたらにきりつけた)

無闇やたらに切りつけた

(こころのきずがいたむけどまるくなんかなりたくない)

心の傷が痛むけど丸くなんかなりたくない

(じょうねつのひよきえないでかがやけ)

情熱の火よ消えないで輝け

(あかねぞらにまうはなびらのなか)

茜空に舞う花びらの中

(ゆめだけをしんじてかけぬけろ)

夢だけを信じて駆け抜けろ

(ひとみとはみらいそのものだからかがやかせて)

瞳とは未来そのものだから 輝かせて

(あかねぞらよるとあさのはざまで)

茜空 夜と朝の狭間で

(はじまりのこどくにそまろうと)

始まりの孤独に染まろうと

(ひとみにはみらいがかがやいているそうはるだから)

瞳には未来が輝いている そう春だから

(そうはるだから)

そう春だから

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!