フジファブリック/赤黄色の金木犀

投稿者sakuプレイ回数0000
楽曲情報 赤黄色の金木犀  フジファブリック  作詞志村 正彦  作曲志村 正彦
難易度(2.6) 522打 歌詞 かな 長文モード可タグフジファブリック
アルバム「フジファブリック」より
※このタイピングは「赤黄色の金木犀」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 さい 5729 A 6.0 94.5% 85.0 517 30 18 2020/11/09
2 たい 4961 B 5.0 97.4% 103.4 527 14 18 2020/10/08

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(もしもすぎさりしあなたに)

もしも過ぎ去りしあなたに

(すべてつたえられるのならば)

すべて伝えられるのならば

(それはかなえられないとしても)

それは叶えられないとしても

(こころのなかじゅんびをしていた)

心の中 準備をしていた

(れいかがつづいたせいかことしは)

冷夏が続いたせいか今年は

(なんだかときがすすむのがはやい)

なんだか時が進むのが早い

(ぼくはのこりのつきにすることを)

僕は残りの月にする事を

(きめてあるくすぴーどをあげた)

決めて歩くスピードを上げた

(あかきいろのきんもくせいのかおりがして)

赤黄色の金木犀の香りがして

(たまらなくなって)

たまらなくなって

(なぜかむだにむねがさわいでしまうかえりみち)

なぜか無駄に胸が騒いでしまう帰り道

(きたいはずれなほどかんしょうてきにはなりきれず)

期待外れな程 感傷的にはなりきれず

(めをとじるたびにあのひのことばがきえていく)

目を閉じるたびにあの日の言葉が消えていく

(いつのまにかじめんにうつった)

いつのまにか地面に映った

(かげがのびてわからなくなった)

影が伸びて解らなくなった

(あかきいろのきんもくせいのかおりがして)

赤黄色の金木犀の香りがして

(たまらなくなって)

たまらなくなって

(なぜかむだにむねがさわいでしまうかえりみち)

なぜか無駄に胸が騒いでしまう帰り道

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

sakuのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971