5 orion

投稿者りさプレイ回数189
楽曲情報 ORION  米津 玄師  作詞米津 玄師  作曲米津 玄師
難易度(2.0) 987打 歌詞 かな 長文モード可タグBOOTLEG 2017 アルバム j-pop 長文
※このタイピングは「ORION」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 てるな 5473 B++ 5.6 96.8% 174.1 985 32 50 2021/08/26

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あなたのゆびが)

あなたの 指が

(そのむねがそのひとみが)

その胸が その瞳が

(まぶしくてすこし)

眩しくて 少し

(めまいがするよるもある)

眩暈がする 夜もある

(それはふいにおちてきて)

それは不意に 落ちてきて

(あまりにもあたたかくて)

あまりにも 暖かくて

(のみこんだなないろのほし)

飲み込んだ 七色の星

(はじけるひばなみたいに)

弾ける 火花みたいに

(ぎゅっとぼくをこまらせた)

ぎゅっと 僕を 困らせた

(それでまだあるいてゆけること)

それでまだ 歩いて ゆけること

(おそわったんだ)

教わったんだ

(かみさまどうかどうか)

神様 どうかどうか

(こえをきかせて)

声を聞かせて

(ほんのちょっとでいいから)

ほんのちょっとで いいから

(もうにどとはなれないように)

もう二度と 離れないように

(あなたとふたり)

あなたと二人

(あのせいざのように)

あの 星座のように

(むすんでほしくて)

結んで 欲しくて

(ゆめのなかでさえどうも)

夢の 中でさえ どうも

(じょうずじゃないこころぐあい)

上手じゃない 心具合

(きにしないでって)

気にしないでって

(なげいたことないていたこと)

嘆いたこと 泣いていたこと

(ほつれたそでのいとをひっぱって)

解れた 袖の糸を 引っぱって

(ふっとせいざをつくってみたんだ)

ふっと 星座を 作ってみたんだ

(おたがいのゆびをほしとして)

お互いの 指を星として

(それはひどくでたらめで)

それは 酷く でたらめで

(ぼくらわらいあえたんだ)

僕ら 笑いあえたんだ

(そこにあなたがいてくれたなら)

そこに あなたが いてくれたなら

(それでいいんだ)

それでいいんだ

(いまならどんなどんな)

今なら どんなどんな

(こんなんでさえも)

困難でさえも

(あいしてみせられるのに)

愛して 見せられるのに

(あんまりにやわくもすんだ)

あんまりに 柔くも澄んだ

(よあけのあいだ)

夜明けの間

(ただめをみていた)

ただ眼を見ていた

(あわいいろのひとみだ)

淡い色の 瞳だ

(まっしろでいるとうきみたいな)

真白でいる 陶器みたいな

(こえをしていたふゆのにおいだ)

声をしていた 冬の匂いだ

(こころのなかしずかにすさむ)

心の中 静かに荒む

(あらしをかうやみのとちゅうで)

嵐を飼う 闇の途中で

(おちてきたんだぼくのずじょうに)

落ちてきたんだ 僕の頭上に

(きらめくほしなきそうなくらいに)

煌めく星 泣きそうなくらいに

(ふれていたんだ)

触れて いたんだ

(かみさまどうかどうか)

神様 どうかどうか

(こえをきかせて)

声を聞かせて

(ほんのちょっとでいいから)

ほんのちょっとで いいから

(もうにどとはなれないように)

もう二度と 離れないように

(あなたとふたりこのせいざのように)

あなたと二人 この星座のように

(むすんでほしくて)

結んで 欲しくて

(むすんでほしくて)

結んで 欲しくて

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!