四季 クリープハイプ

投稿者minamiプレイ回数426
楽曲情報 四季  クリープハイプ  作詞尾崎 世界観  作曲尾崎 世界観
難易度(2.4) 964打 歌詞 かな 長文モード可タグ四季 クリープハイプ アンビリバボー
フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」EDテーマ
※このタイピングは「四季」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ねんじゅうむきゅうでいきてるから)

年中無休で生きてるから

(つかれるけどしょうがねー)

疲れるけどしょうがねー

(でもたまにはやすんでどっかいきたい)

でもたまには休んでどっか行きたい

(ねんじゅうむきゅうでいきてるけど)

年中無休で生きてるけど

(たのしいからしょうがねー)

楽しいからしょうがねー

(このままふたりでどっかいきたい)

このまま2人でどっか行きたい

(すこしえろいはるのおもいで)

少しエロい春の思い出

(くしゃみのあとにうかぶあのかお)

くしゃみの後に浮かぶあの顔

(このきせつになるとなぜか)

この季節になるとなぜか

(いつもむしょうにききたくなるばんど)

いつも無性に聴きたくなるバンド

(ぜんぜんさわやかじゃないけど)

全然さわやかじゃないけど

(わすれてたらわすれてたぶんだけ)

忘れてたら忘れてた分だけ

(おもいだせるのがすき)

思い出せるのが好き

(やっぱりさわやかじゃないけど)

やっぱりさわやかじゃないけど

(いつでもやさしいなつのおもいで)

いつでも優しい夏の思い出

(ほたるのひかりゆれるよりみち)

蛍の光揺れる寄り道

(ねんじゅうむきゅうでいきてるから)

年中無休で生きてるから

(まちがうけどしょうがねー)

間違うけどしょうがねー

(いつもあやまってばかりだけど)

いつも謝ってばかりだけど

(なにかにゆるされたり)

何かに許されたり

(なにかをゆるしたりして)

何かを許したりして

(そうやってみつけてきたせいかい)

そうやって見つけてきた正解

(それはださいあきのおもいで)

それはダサい秋の思い出

(あやまってばかりでごめんね)

謝ってばかりでごめんね

(あつくてけっとばして)

熱くて蹴っ飛ばして

(さむくなってまただきしめたりして)

寒くなってまた抱きしめたりして

(たたかれてほされても)

叩かれて干されても

(またつつんでふとんみたいなかんけい)

また包んで布団みたいな関係

(いきがみえるくらいにさむくてくらいかえりみち)

息が見えるくらいに寒くて暗い帰り道

(どうでもいいときにかぎってふるゆき)

どうでもいい時に限って降る雪

(そのときなんかきゅうにむしょうに)

その時なんか急に無性に

(いきててよかったとおもって)

生きてて良かったと思って

(いみなんてないけどなみだがでた)

意味なんて無いけど涙が出た

(あれははずかしいふゆのおもいで)

あれは恥ずかしい冬の思い出

(まちのひかりゆれるめのなか)

街の光揺れる目の中

(かぜひいたかもそれもしょうがねー)

風邪ひいたかもそれもしょうがねー

(くしゃみのあとにうかぶあのかお)

くしゃみの後に浮かぶあの顔

(すこしえろいはるのおもいで)

少しエロい春の思い出