REASON 寺西優真

投稿者minamiプレイ回数42
楽曲情報 REASON  寺西 優真  作詞寺西 優真  作曲光永 亮太
難易度(2.9) 1131打 歌詞 かな 長文モード可タグREASON 寺西優真 僕が僕に恋した理由
連続テレビドラマ「彼が僕に恋した理由」主題歌
※このタイピングは「REASON」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なんびゃっかいすきだといわれてもくるしいだけよ)

何百回好きだと言われても苦しいだけよ

(きみのきもちにこたえられずに)

キミの気持ちに応えられずに

(なんびゃっかいすきだといわれたらきづけるのかな)

何百回好きだと言われたら気付けるのかな?

(きみがそばにいてぼくはほほえむなら)

キミがそばにいてボクは微笑むなら

(ゆっくりとあるいてゆく)

ゆっくりと歩いてゆく

(あさのかおがうかぶでんしゃにゆられるかえりみちで)

朝の顔が浮かぶ電車に揺られる帰り道で

(さっきわかれたのにさびしいきもちだけがはしりだしてく)

さっき別れたのに寂しい気持ちだけが走り出してく

(きみをおもっていたらひとえきとおりすぎてた)

キミを想っていたらひと駅通り過ぎてた

(あともどりできないじかんのなかでぼくは)

後戻りできない時間の中でボクは

(あしもとみつめてた)

足元見つめてた

(なんびゃっかいすきだといわれてもわからないんだよ)

何百回好きだと言われても分からないんだよ

(ぼくのきもちはまよいはじめて)

ボクの気持ちは迷い始めて

(なんびゃっかいすきだといわれたららくになれるの)

何百回好きだと言われたら楽になれるの?

(きみがいることでつよくなれるのならゆっくりとあるいてゆく)

キミがいることで強くなれるのならゆっくりと歩いてゆく

(すきなひとがいても)

好きな人がいても

(どこかうわのそらでたちつくしてた)

どこか上の空で立ち尽くしてた

(ほほをつたうなみだをそっとさらうかぜのように)

頬をつたう涙をそっとさらう風のように

(しのびこんでたんだよこころのすきまに)

忍び込んでたんだよ心の隙間に

(だめだとしりながら)

ダメだと知りながら…

(なんびゃっかいすきだといわれてもくるしいだけだよ)

何百回好きだと言われても苦しいだけだよ

(きみのきもちにこたえられずに)

キミの気持ちに応えられずに

(なんびゃっかいすきだといわれたらきづけるのかな)

何百回好きだと言われたら気付けるのかな?

(きみがそばにいてぼくはほほえむなら)

キミがそばにいてボクは微笑むなら

(ゆっくりとあるいてゆく)

ゆっくりと歩いてゆく

(なんびゃっかいすきだといわれてもわからないんだよ)

何百回好きだと言われても分からないんだよ

(ぼくのきもちはまよいはじめて)

ボクの気持ちは迷い始めて

(なんびゃっかいすきだといわれたららくになれるの)

何百回好きだと言われたら楽になれるの?

(きみがいることでつよくなれるのなら)

キミがいることで強くなれるのなら

(ゆっくりと)

ゆっくりと

(なんびゃっかいすきだといわれてもくるしいだけだよ)

何百回好きだと言われても苦しいだけだよ

(かぎをかけてはまたあばれだす)

鍵をかけてはまた暴れだす

(なんびゃっかいときすをかさねたらつたえられるの)

何百回とキスを重ねたら伝えられるの?

(きみがいるだけでひびがいろどるなら)

キミがそばにいて日々が彩るなら

(ゆっくりとあるいてゆこう)

ゆっくりと歩いてゆこう