爆弾位は手で受けよ(上・下)

投稿者Natas Sanプレイ回数206
楽曲情報 爆弾くらい手で受けよ  作詞藤田まさと  作曲江口夜詩
難易度(2.6) 1255打 歌詞 かな 長文モード可タグ歴史 歌詞 軍歌 戦時歌謡 第二次世界大戦
それ!
1941
※このタイピングは「爆弾くらい手で受けよ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ひとつとやひごとにたかまるなみのおと)

一つとや 日ごとに高まる浪の音

(たいへいようにききせまるよういはできたかがてんか)

太平洋に危機迫る 用意はできたか 合点か

(いざというときゃたいあたりそれ)

いざという時ゃ 体当たり それ

(ばくだんぐらいはてでうけよ)

爆弾ぐらいは 手で受けよ

(ふたつとやふかくをとるなはじかくな)

二つとや 不覚を取るな 恥かくな

(こころたかまりゃひゃくまんのてきもひとりでうけてたつ)

心高まりゃ 百万の敵も一人で受けて立つ

(いざというときゃたいあたりそれ)

いざという時ゃ 体当たり それ

(ばくだんぐらいはてでうけよ)

爆弾ぐらいは 手で受けよ

(みっつとやみなみのまもりくにのたて)

三つとや 南の護り 国の盾

(わがことがおっとがまたちちがいまたたかいのまっさいちゅう)

我が子が夫がまた父が いま戦いの真っ最中

(いざというときゃたいあたりそれ)

いざという時ゃ 体当たり それ

(ばくだんぐらいはてでうけよ)

爆弾ぐらいは 手で受けよ

(よっつとやよくさんいっかいちおくの)

四つとや 翼賛一家 一億の

(いじというのはゆいいつわらってしぬことすすむこと)

意地というのは唯一 笑って死ぬこと進むこと

(いざというときゃたいあたりそれ)

いざという時ゃ 体当たり それ

(ばくだんぐらいはてでうけよ)

爆弾ぐらいは 手で受けよ

(いつつとやいくさにくうしゅうつきものだ)

五つとや 戦に空襲 つきものだ

(さわぐないえやくなぼうかのくんれんおこたるな)

騒ぐな 家焼くな 防火の訓練怠るな

(いざというときゃたいあたりそれ)

いざという時ゃ 体当たり それ

(ばくだんぐらいはてでうけよ)

爆弾ぐらいは 手で受けよ

(むっつとやむてきのもうどうまっしぐら)

六つとや 無敵の艨艟 まっしぐら

(それにまけるなおくれるな)

それに負けるな 後れるな

(まもれこのつちこのそらを)

まもれ この土 この空を

(いざというときゃたいあたりそれ)

いざという時ゃ 体当たり それ

(ばくだんぐらいはてでうけよ)

爆弾ぐらいは 手で受けよ

(ななつとやなまぎきなましりなまびょうほう)

七つとや 生聞き 生知り 生兵法

(くちじゃいくさはかてぬもの)

口じゃ戦は 勝てぬもの

(いのちにまさるぶきはない)

命にまさる 武器はない

(いざというときゃたいあたりそれ)

いざという時ゃ 体当たり それ

(ばくだんぐらいはてでうけよ)

爆弾ぐらいは 手で受けよ

(やっつとややっつのうみがあれたとて)

八つとや 八つの海が 荒れたとて

(たいぜんじじゃくだおそれるな)

泰然自若だ 恐れるな

(こころでしずめよわをひらけ)

こころで鎮めよ 和を啓け

(いざというときゃたいあたりそれ)

いざという時ゃ 体当たり それ

(ばくだんぐらいはてでうけよ)

爆弾ぐらいは 手で受けよ

(ここのつとやこっかのさかえはどこにある)

九つとや 国家の栄えはどこにある

(くぎょうなんぎょうのりこえて)

苦行難行 乗り越えて

(もくもくたたかうとこにある)

黙々戦う とこにある

(いざというときゃたいあたりそれ)

いざという時ゃ 体当たり それ

(ばくだんぐらいはてでうけよ)

爆弾ぐらいは 手で受けよ

(とおっとや)

十っとや

(とうあきょうぞんきょうえいの)

東亜共存 共栄の

(じつをきづくはこのいきで)

実をきづくは この意気で

(きけようじょうにさわぐなみ)

聴け 洋上に 騒ぐ波

(いざというひはもうすぎた)

いざという日は もう過ぎた

(いまこそいちおくたいあたり)

今こそ一億 体当たり

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!