ラクガキスト

投稿者プレイ回数50
楽曲情報 ラクガキスト  COSMO@暴走P FEAT.GUMI  作詞COSMO@暴走P  作曲COSMO@暴走P
難易度(3.4) 2441打 歌詞 かな 長文モード可タグラクガキスト GUMI VOVALOID ボカロ cosMo@暴走P
創作する方ならきっと共感できる歌詞を詰め込んだ曲
cosMo@暴走Pさんの「ラクガキスト」です。
一部の文字は抜いています。 振り仮名に気を付けて下さい。
(一部の歌詞を漢字にすると、不適切な言葉として処理されてしまったのでひらがなのままの歌詞がありますがご了承下さい。)
※このタイピングは「ラクガキスト」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ひんせいまがったらくがきをあーでもこーでもはりつけくみたて)

品性曲がった落書きを あーでもこーでも貼り付け組み立て

(それでもいいよとひらきなおってぼくだけのせかいここにきずく)

それでもいいよと開き直って ボクだけの世界ここに築く

(よていちょうわのちゅうにびょうなんてばかげたひびきだろう)

「予定調和の厨二病」 なんて馬鹿げた響きだろう

(ことばのあそびもおんぱのいじりもどこまでいってもはんこえし)

言葉の遊びも音端の弄りもどこまで行ってもハンコ絵師

(とうそつのとれたはつげんがうがつあじとかこせいをほしんにこうかい)

統率のとれた発言が穿つ 味とか個性を保身に後悔

(いきがつまってしにそうなんだよ)

息が詰まって死にそうなんだよ

(それならうかつにしねばいい)

それならうかつに死ねばいい

(ことばのげきりゅうにのせたけっかはさいていきわまるじいこうい)

言葉の激流に乗せた結果は最低極まるじい行為

(だけどそれしかないよとひらきなおってぼくだけのせかいえらびとる)

だけどそれしかないよと開き直って僕だけの世界選び取る

(まちのすみずみにすぷれーでかいたらくがきと)

街の隅々にスプレーで書いた落書きと

(なんらがわりのないくだらないいいわけを)

何ら変わりのないくだらない言い訳を

(それでもないよりはましだとそうとおもいたく)

それでも無いよりはマシだと そうと思いたく

(ゆがんだじこけんじよくをのーとのきれはにみせた)

歪んだ自己顕示欲をノートの切れ端に見せた

(きょくどにひとみしりそれでいてみとめてほしい)

極度に人見知り それでいて認めてほしい

(かげきにひときらいそれでいてこいしくて)

過激に人嫌い それでいて恋しくて

(とおりすがるかべにぐしゃぐしゃした)

通りすがる壁にぐしゃぐしゃした

(うけうりのうすっぺらいしゅちょうをこめた)

受け売りの薄っぺらい主張を込めた

(なにをするにもたりなくてあまっていて)

何をするにも足りなくて 余っていて

(たにんのすることがたいそうでとおいきがして)

他人のする事が大層で 遠い気がして

(だれかのせいにしてふてくされて)

誰かのせいにして不貞腐れて

(ねがてぃぶなことばでひくつにかまえた)

ネガティブな言葉で卑屈に構えた

(つみかさならべるきれいなぶぶんをどうでもいいようなはりぼてぶぶんを)

積み重ならべる綺麗な部分を どうでもいいようなハリボテ部分を

(いつからだったかみてくれきにしてそんなにだいじなものだっけ)

いつからだったかミテクレ気にして そんなに大事なものだっけ

(はかせてもらったきせきのげたにてじぶんをかだいにあやまりほこって)

履かせてもらった奇跡の下駄にて 自分を過大に謝り誇って

(げんじつはもっとわいしょうむかちなむいみならくがきなのにね)

現実はもっと矮小無価値な無意味な落書きなのにね

(ずきがきらいにはんてんそこからぴたりといのちをおわれるほどの)

好きが嫌いに反転 そこからピタリと命を終われるほどの

(つよさとけじめとあきらめとかくごもちろんないからこれからつくる)

強さとけじめと諦めと覚悟 もちろん無いからこれから創る

(のうないおはなばたけなしこうかいろさついとともにうらやましくなる)

脳内お花畑な思考回路 殺意と共にうらやましくなる

(どうしてそこまでぽじてぃぶにかんがえられるの)

どうしてそこまでポジティブに考えられるの

(ざっとうにまぎれるとじぶんがまいごになった)

雑踏に紛れると自分が迷子になった

(おいてかれたぼくはたちどまりうずくまる)

置いてかれたボクは 立ち止まりうずくまる

(ここにあるいみをみつけたくてしりたくて)

ここにある意味を見つけたくて 知りたくて

(だれかがきづくのをらくがきしながらまった)

誰かが気づくのを落書きしながら待った

(そしりはこわいけどたえずなにかしゅちょうして)

謗りは怖いけど 絶えず何か主張して

(じいしきかじょうさがくうきにもなれなくて)

自意識過剰さが空気にも為れなくて

(どおりすがるかべにぐしゃぐしゃした)

通りすがる壁にぐしゃぐしゃした

(いらだちとあせるきもちまざりぶつけた)

苛立ちと焦る気持ち 混ざりぶつけた

(いしころけったそのさきのひかるみらい)

石ころ蹴ったその先の光る未来

(あるようなもうそうでげんじつにかえってくる)

あるような妄想で現実に帰ってくる

(しあわせなせかいなどいらないよと)

幸せな世界などいらないよと

(つよがりなことばはげかいにはみだす)

強がりな言葉は外界にはみ出す

(よみびとしらずのうたをくちずさみ)

詠み人知らずの歌を口ずさみ

(むしんでえがきだすほかのだれでもないぼくが)

無心で描き出す 他の誰でもないボクが

(ひんせいまがったらくがきをあーでもこーでもはりつけくみたて)

品性曲がった落書きを あーでもこーでも貼り付け組み立て

(それでもいいよとひらきなおってぼくだけのせかいここにきずく)

それでもいいよと開き直ってボクだけの世界ここに築く

(ことばのげきりゅうにのせたけっかはさいていきまるじいこうい)

言葉の激流に乗せた結果は最低極まるじい行為

(だけどそれしかないよとひらきなおって)

だけどそれしかないよと開き直って

(ぼくだけのせかいえらびとる)

ボクだけの世界選び取る

(らくがきばらまきりろんとしょうどうはげしくごうおんぶつかるところで)

落書きばら撒き 理論と衝動激しく轟音ぶつかるところで

(らくがきだからとひらきなおってぼくだけのせかいここにきずく)

落書きだからと開き直ってボクだけの世界ここに築く

(はじめのりねんはかがやかしかった)

初めの理念は輝かしかった

(くちいくあしあとみかえりおもって)

朽ち行く足跡見返り思って

(じぶんのらしさのじゅばくはしぬまでゆるさずはなさずひきずりつづく)

自分の「らしさ」の呪縛は死ぬまで赦さず離さず引き摺り続く

(よていちょうわのちゅうにびょうなんてむなしいひびきだろう)

「予定調和の厨二病」 なんて虚しい響きだろう

(だとうなしんりもりそうのこたえもこころのおくにもどこにもない)

妥当な真理も理想の解答も心の奥にもドコにも無い

(わずかなぜつぼうわずかなふこうをふりまくことしかできないけれども)

僅かな絶望僅かな不幸を振りまくことしかできないけれども

(せかいにつめあとのこせるつたないかんせいつかみとる)

世界に爪痕残せる拙い感性掴み取る

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!