ういにゃす 月夜に舞う恋の花

投稿者電池プレイ回数68
楽曲情報 月夜に舞う恋の花  ういにゃす  作詞ういにゃす  作曲小高光太郎
難易度(2.6) 1077打 歌詞 かな 長文モード推奨タグ歌詞 音楽 ゲーム ういにゃす
ういにゃすの「月夜に舞う恋の花」です。
AUGUSTのPCゲーム「千の刃濤、桃花染の皇姫」のエンディング曲です。
楽曲情報に表示されていませんが
作曲:小高光太郎・Ceui   編曲:小高光太郎・ラムシーニ
です。
※このタイピングは「月夜に舞う恋の花」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(さまようゆめすがらたしかなよろこびは)

彷徨う夢すがら 確かな慶びは

(くるめいたこのひととき)

眩いた 比のひととき

(よもうらやむ)

世も羨む

(いつとなしかわらぬあなたのほほえみは)

何時となし変わらぬ 貴方の微笑みは

(うれいにみちたこころをとかしはなった)

憂いに満ちた心を 溶かし放った

(みちびかれるようにうんめいにふたり)

導かれる様に 運命に二人

(ひきよせられてゆくの)

引き寄せられてゆくの

(そばにいれるならまもられてるなら)

傍にいれるなら 護られてるなら

(わたしはつよくなれる)

私は 強くなれる

(つきよよしこいし、まちこがれ)

月夜よし 恋し、待ち焦がれ

(しのぶれどこころのうちにもえ)

しのぶれど 心の内に燃え

(あふれたおもいをつたうことのはをいま)

溢れた 想いを伝う 言の葉を今

(あいしたうわとわに)

愛慕うわ 永久に

(はながさきいのちかれるまで)

花が咲き 命枯れる迄

(つらぬけるならばそれはうつくしく)

貫けるならば それは美しく

(あまたなたたえしみうたがまいあがる)

数多な 讃えし 御詠が舞い上がる

(そのてがいざなう)

その手が 誘う

(ゆめみしたびすがらねがうはみつけたの)

夢見し旅すがら 願うは見つけたの

(このみあずくほどちかく)

比の身 預くほど近く

(おもいかさねた)

想い重ねた

(もうだいじょうぶってひとりじゃないよって)

もう大丈夫って 一人じゃないよって

(あなたがそういうから)

貴方がそう言うから

(なにをなくしてもなにもなくても)

何を無くしても 何も無くても

(みらいをしんじられる)

未来を 信じられる

(はなのようにこいがさきみだれ)

花のように 恋が咲き乱れ

(こわれゆくほどにあついくちづけを)

壊れ行く程に 熱い口づけを

(かわしたとわのあいをいまちかいあう)

交わした 永久の愛を今 誓い合う

(むすんだてのひら)

結んだ 掌

(はるのめがいぶくころそうそうとおだやか)

春の芽が 息吹く頃 淙淙と穏やか

(なつのよのゆうなりはさいさいでうるわしくて)

夏の夜の優なりは 彩々で麗しくて

(あきかぜがとおりすぎよりそえばあたたかく)

秋風が通り過ぎ 寄り添えば暖かく

(ふゆのかれをともにながむ)

冬の枯れを 共に眺む

(あひみてはこいしさめぬゆめ)

逢ひ見ては 恋し 醒めぬ夢

(あかつきがふたりをてらしだす)

暁が 二人を照らし出す

(つきよよしこいし、まちこがれ)

月夜よし 恋し、待ち焦がれ

(しのぶれどこころのうちにもえ)

しのぶれど 心のうちに燃え

(あふれるおもいをつげこのみすべてを)

溢れる 想いを告げ この身すべてを

(ささげるわあなたに)

捧げるわ 貴方に

(はながさきいのちかれるまで)

花が咲き 命 枯れる迄

(つらぬけるならばそれはうつくしく)

貫けるならば それは美しく

(あまたなたたえしみうたがまいあがる)

数多な 讃えし御詠が 舞い上がる

(そのてがいざなう)

その手が 誘う

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

電池のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971