宇宙の季節

投稿者鈴華プレイ回数443
楽曲情報 宇宙の季節  Lanndo feat.Eve,suis (from ヨルシカ)  作詞ぬゆり  作曲ぬゆり
難易度(3.0) 998打 歌詞 長文モード可タグLanndo Eve suis ぬゆり 宇宙の季節
※このタイピングは「宇宙の季節」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 amago 7202 7.3 98.4% 136.2 997 16 37 2021/08/26
2 ころんくん大好き 6197 A++ 6.7 92.5% 148.6 1002 81 37 2021/09/22
3 おかぴ 5876 A+ 6.1 95.5% 162.0 998 46 37 2021/08/24
4 SAKI 5725 A 6.0 94.8% 165.4 1001 54 37 2021/09/14
5 いぶ 5002 B+ 5.2 95.1% 189.1 997 51 37 2021/08/22

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(さいしょからもうまにあわないばしょにいたんだ)

最初からもう間に合わない場所に居たんだ

(とおいひのもようあせるまではここでまっている)

遠い日の模様 褪せるまではここで待っている

(ねいきやこどうあせやねつがせなかにつたう)

寝息や鼓動 汗や熱が背中に伝う

(おもわずいきをのんでしまうくうきがとまる)

思わず息を飲んでしまう 空気が止まる

(こえにだすべきじゃないおもいだしてはいけない)

声に出すべきじゃない 思い出してはいけない

(くりかえすきせつべつべつのにおいをひとりきりおきざりに)

繰り返す季節 別々の匂いを一人きり置き去りに

(はるがきてはだしになってしまいたいぼくら)

春が来て裸足になってしまいたい僕ら

(くだけそうなほどてをにぎり)

砕けそうなほど手を握り

(よるがまたひざしになってまちなみをおそう)

夜がまた日差しになって町並みを襲う

(ここじゃないどこかへにげたいだけ)

ここじゃない何処かへ逃げたいだけ

(さいごはもうちりになってふきさらされる)

最後はもう塵になって吹き曝される

(すべてはいまうすぐらくてさむいばしょにたつ)

すべては今薄暗くて寒い場所に立つ

(うれうべきことはないなみだながすこともない)

憂うべきことはない 涙流すこともない

(ただこのばを(このばだけを))

ただこの場を(この場だけを)

(のぞむためいきている)

望むため生きている

(いとまなく)

暇なく

(ぼくはいまここにいてそこにあるいのちをみて)

僕は今ここに居て そこにあるいのちを見て

(すきとおるかげとはいらいとにみちたすじがきをたどっている)

透き通る影とハイライトに満ちた筋書きを辿っている

(はるがきてはだしになってしまいたいぼくら)

春が来て裸足になってしまいたい僕ら

(すがたをみとめててをふって)

姿を認めて手を振って

(あおぞらがあかねになっておしまいをつげる)

青空が茜になってお終いを告げる

(つたわるのはただのちいさなおと)

伝わるのはただの小さな音

(ここにいて)

ここにいて

(かえらないと)

帰らないと

(もどれないよ)

戻れないよ

(わらってよ)

笑ってよ

(おいていかないで)

置いていかないで

(いまさらもう)

今更もう

(おそくないよ)

遅くないよ

(わかるよ)

分かるよ

(わからないよ)

分からないよ

(でもきっとしっていた)

でもきっと知っていた

(はるがきてはだしになってしまいたいぼくら)

春が来て裸足になってしまいたい僕ら

(くだけそうなほどてをにぎり)

砕けそうなほど手を握り

(よるがまたひざしになってまちなみをおそう)

夜がまた日差しになって町並みを襲う

(ここじゃないどこかへにげたいだけ)

ここじゃない何処かへ逃げたいだけ

(ここじゃないどこかをうしなうだけ)

ここじゃない何処かを失うだけ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!