線香花火ー三代目JSB

投稿者るいプレイ回数244
楽曲情報 線香花火  三代目 J Soul Brothers from EXILE  作詞RYUJI IMAICHI  作曲T-SK
難易度(3.6) 2806打 歌詞 長文モード可タグ線香花火 三代目JSB
※このタイピングは「線香花火」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(そのこえはやさしくこころにふれてきた)

その声は優しく 心に触れてきた

(くすりゆびにあわくひやけのあとをのこして)

薬指に淡く 日焼けの跡を残して

(まつりばやしとよかぜあせをかいたかんびーる)

祭囃子と夜風 汗をかいた缶ビール

(なれないゆかたでふたりそっときすをした)

慣れない浴衣で ふたりそっとキスをした

(まぶしいまほうのようなきせつ)

まぶしい魔法のような季節

(であってしまったの)

出会ってしまったの

(このこいはせんこうはなびひとなつのらぶすとーりー)

この恋は線香花火 ひと夏の物語(ラブストーリー)

(あいしてる、なんてどうせいえないからteartear)

愛してる、なんて どうせ言えないから tear tear

(あまくせつなくゆれるおれんじのlights)

甘く切なく 揺れるオレンジのLights

(こぼれてくkirakiraきみにますからなみだ)

こぼれてくKira Kira 君にマスカラ涙

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(あきれるほどすきだった)

呆れるほど好きだった

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(ただそれだけでよかった)

ただそれだけでよかった

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(かなわなくてもいいから)

叶わなくてもいいから

(うつくしいままことしのなつをremember)

美しいまま 今年の夏を Remember

(ずるやすみのえすけいぷうみまでつれてって)

ズル休みの逃避行(エスケイプ)海まで連れてって

(きみとてをつないですーつをぬぎすてたら)

君と手をつないで スーツを脱ぎ捨てたら

(とくべつなじぶんになれるようなきがした)

特別な自分に なれるような気がした

(すなにとけたあいすくりーむばかだなってわらって)

砂に溶けたアイスクリーム バカだなって笑って

(9がつになればかみをきって)

9月になれば 髪を切って

(うまれかわれるから)

生まれ変われるから

(このこいはせんこうはなびひとなつのらぶすとーりー)

この恋は線香花火 ひと夏の物語(ラブストーリー)

(あいしてる、なんてどうせいえないからteartear)

愛してる、なんて どうせ言えないからTear Tear

(こぼれてくkirakiraきみにますからなみだ)

こぼれてくKira Kira 君にマスカラ涙

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(あきれるほどすきだった)

呆れるほど好きだった

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(ただそれだけでよかった)

ただそれだけでよかった

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(かなわなくてもいいから)

叶わなくてもいいから

(うつくしいままことしのなつをremember)

美しいまま 今年の夏をRemember

(1,2,3さかずにもえあがったつぼみが)

1,2,3咲かずに燃え上がった蕾が

(いまもいとしいそれでも)

今も愛しい それでも

(1,2,3ふきけすよきみがきづかぬように)

1,2,3吹き消すよ 君が気づかぬように

(これがわたしのさよなら)

これが私のサヨナラ

(このこいはせんこうはなびひとなつのらぶすとーりー)

この恋は線香花火 ひと夏の物語(ラブストーリー)

(あいしてる、なんてどうせいえないからteartear)

愛してる、なんて どうせ言えないからTear Tear

(あまくせつなくゆれるおれんじのlights)

甘く切なく 揺れるオレンジのLights

(こぼれてくkirakiraきみにますからなみだ)

こぼれてく Kira Kira君にマスカラ涙

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(あきれるほどすきだった)

呆れるほど好きだった

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(ただそれだけでよかった)

ただそれだけでよかった

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(かなわなくてもいいから)

叶わなくてもいいから

(うつくしいままことしのなつをremember)

美しいまま 今年の夏をRemember

(そのこえはやさしくこころにふれてきた)

その声は優しく 心に触れてきた

(くすりゆびにあわくひやけのあとをのこして)

薬指に淡く 日焼けの跡を残して

(まつりばやしとよかぜあせをかいたかんびーる)

祭囃子と夜風 汗をかいた缶ビール

(なれないゆかたでふたりそっときすをした)

慣れない浴衣で ふたりそっとキスをした

(まぶしいまほうのようなきせつ)

まぶしい魔法のような季節

(であってしまったの)

出会ってしまったの

(このこいはせんこうはなびひとなつのらぶすとーりー)

この恋は線香花火 ひと夏の物語(ラブストーリー)

(あいしてる、なんてどうせいえないからteartear)

愛してる、なんて どうせ言えないから tear tear

(あまくせつなくゆれるおれんじのlights)

甘く切なく 揺れるオレンジのLights

(こぼれてくkirakiraきみにますからなみだ)

こぼれてくKira Kira 君にマスカラ涙

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(あきれるほどすきだった)

呆れるほど好きだった

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(ただそれだけでよかった)

ただそれだけでよかった

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(かなわなくてもいいから)

叶わなくてもいいから

(うつくしいままことしのなつをremember)

美しいまま 今年の夏を Remember

(ずるやすみのえすけいぷうみまでつれてって)

ズル休みの逃避行(エスケイプ)海まで連れてって

(きみとてをつないですーつをぬぎすてたら)

君と手をつないで スーツを脱ぎ捨てたら

(とくべつなじぶんになれるようなきがした)

特別な自分に なれるような気がした

(すなにとけたあいすくりーむばかだなってわらって)

砂に溶けたアイスクリーム バカだなって笑って

(9がつになればかみをきって)

9月になれば 髪を切って

(うまれかわれるから)

生まれ変われるから

(このこいはせんこうはなびひとなつのらぶすとーりー)

この恋は線香花火 ひと夏の物語(ラブストーリー)

(あいしてる、なんてどうせいえないからteartear)

愛してる、なんて どうせ言えないからTear Tear

(こぼれてくkirakiraきみにますからなみだ)

こぼれてくKira Kira 君にマスカラ涙

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(あきれるほどすきだった)

呆れるほど好きだった

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(ただそれだけでよかった)

ただそれだけでよかった

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(かなわなくてもいいから)

叶わなくてもいいから

(うつくしいままことしのなつをremember)

美しいまま 今年の夏をRemember

(1,2,3さかずにもえあがったつぼみが)

1,2,3咲かずに燃え上がった蕾が

(いまもいとしいそれでも)

今も愛しい それでも

(1,2,3ふきけすよきみがきづかぬように)

1,2,3吹き消すよ 君が気づかぬように

(これがわたしのさよなら)

これが私のサヨナラ

(このこいはせんこうはなびひとなつのらぶすとーりー)

この恋は線香花火 ひと夏の物語(ラブストーリー)

(あいしてる、なんてどうせいえないからteartear)

愛してる、なんて どうせ言えないからTear Tear

(あまくせつなくゆれるおれんじのlights)

甘く切なく 揺れるオレンジのLights

(こぼれてくkirakiraきみにますからなみだ)

こぼれてく Kira Kira君にマスカラ涙

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(あきれるほどすきだった)

呆れるほど好きだった

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(ただそれだけでよかった)

ただそれだけでよかった

(ahsummerforever)

Ah Summer forever

(かなわなくてもいいから)

叶わなくてもいいから

(うつくしいままことしのなつをremember)

美しいまま 今年の夏をRemember

(そのこえはやさしくこころにふれてきた)

その声は優しく 心に触れてきた

(くすりゆびにあわくひやけのあとをのこして)

薬指に淡く 日焼けの跡を残して

(まつりばやしとよかぜあせをかいたかんびーる)

祭囃子と夜風 汗をかいた缶ビール

(なれないゆかたでふたりそっときすをした)

慣れない浴衣で ふたりそっとキスをした

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

るいのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971