ドッペルゲンガー/SEKAI NO OWARI

投稿者sakuritaプレイ回数38
楽曲情報 ドッペルゲンガー  SEKAI NO OWARI  作詞NAKAJIN  作曲NAKAJIN
難易度(3.1) 1077打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 sekainoowari
※このタイピングは「ドッペルゲンガー」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いつになったらきみにおいつける)

いつになったら君に追いつける?

(いつもぎりぎりみえるところにいる)

いつもギリギリ見える所にいる

(まったくいじがわるいよな)

まったく意地が悪いよな

(やっとのおもいでしっぽをつかんだのにまたしんきろう)

やっとの思いで尻尾をつかんだのにまた蜃気楼

(これがほんとにぼくがうみだしたもの)

これがホントに僕が生み出したもの?

(こんなにじんせいもてあそばれるなんてさ)

こんなに人生弄ばれるなんてさ

(はるにころんでほねおってもなつにねぶそくでふらふらでも)

春に転んで骨折っても 夏に寝不足でフラフラでも

(おいかけるせなかないているひまはない)

追いかける背中 泣いている暇はない

(あきにさいふをなくしてもふゆにびょうまにおかされても)

秋に財布を失くしても 冬に病魔に冒されても

(にげられはしないこころにはりがささったままでもはしる)

逃げられはしない 心に針が刺さったままでも走る

(いつになったらきみはまんぞくする)

いつになったら君は満足する?

(まってくれたためしなどない)

待ってくれた試しなどない

(まったくかわいげがないよな)

全く可愛げがないよな

(ふいにはいごからきこえるわざとらしくふかいためいき)

不意に背後から聞こえるわざとらしく深いため息

(これがほんとのぼくじしんだったもの)

これがホントの僕自身だったもの?

(まわたでくびをしめるようなまねされるなんてさ)

真綿で首を締めるようなマネされるなんてさ

(はるにころんでほねおってもなつにねぶそくでふらふらでも)

春に転んで骨折っても 夏に寝不足でフラフラでも

(せまりくるあしおとこきゅうもあさくなる)

迫りくる足音 呼吸も浅くなる

(あきにさいふをなくしてもふゆにびょうまにおかされても)

秋に財布を失くしても 冬に病魔に冒されても

(はしりつづけなきゃいつかたどりつくらくえんをゆめみて)

走り続けなきゃ いつか辿り着く楽園を夢見て

(ほんとうはわかってる)

本当はわかってる

(ひがいもうそうぎみなんだって)

被害妄想気味なんだって

(きみらにはちゃんとかんしゃしてるよ)

君らにはちゃんと感謝してるよ

(つらくてもつづけてきたから)

辛くても続けてきたから

(いまのぼくがあるんだ)

今の僕があるんだ

(さてつぎはどこへむかおうか)

さて次はどこへ向かおうか

(はるにころんでほねおってもなつにねぶそくでふらふらでも)

春に転んで骨折っても 夏に寝不足でフラフラでも

(ふみしめるあしにふしぎとちからがみなぎる)

踏みしめる脚に不思議と力が漲る

(あきにさいふをなくしてもふゆにびょうまにおかされても)

秋に財布を失くしても 冬に病魔に冒されても

(さいきんきづいたはしってるぼくはだいたいえがおなんだって)

最近気づいた 走ってる僕は大体笑顔なんだって

sakuritaのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971