グッド・バッド・バイ

投稿者mtomoプレイ回数47
楽曲情報 グッド・バッド・バイ  MY HAIR IS BAD  作詞椎木 知仁  作曲椎木 知仁
難易度(4.2) 1262打 歌詞 長文モード可タグMy Hair is Bad 邦ロック
※このタイピングは「グッド・バッド・バイ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(のこりあと3ぷんはんだったもうにどとあえないきがしたんだ)

残りあと3分半だった もう二度と会えない気がしたんだ

(すうびょうかんをえいえんにおもうくらいばっぐをゆらしながらはしっていた)

数秒間を永遠に思うくらいバッグを揺らしながら走っていた

(ひとことめなんていうかなんてきめるどころかおもいついていないが)

一言目なんて言うかなんて決めるどころか思いついていないが

(きみがかえるまえにかなうならこのしゅんかんだけ、ときよとまれ)

君が帰る前に叶うならこの瞬間だけ、時よ止まれ

(ほうかご、げたばこのなかにてがみなんていれられない)

放課後、下駄箱の中に手紙なんて入れられない

(おれたかかとなおしたすにーかーけいじばんにおきざりのてがみ)

折れた踵直したスニーカー 掲示板に置き去りの手紙

(もうふちがないでんわぼっくすもえいがのせっとのようだろう)

もう縁がない電話ボックスも映画のセットのようだろう

(とりにつよいおいかぜがふくように)

鳥に強い追い風が吹くように

(ふいなこいにこい、おおいかぶすように)

不意な恋に故意、覆い被すように

(ゆうひがきれいとはなすきみをおもいだした)

夕陽が綺麗と話す君を思い出した

(にふんたったくらいかあせばんだしゃつにきづいていた)

二分経ったくらいか 汗ばんだシャツに気づいていた

(えきまであと1ぷんもないのにきみのうしろすがたちいさくみえてた)

駅まであと1分もないのに君の後ろ姿小さく見えてた

(かいさつのおくあるいていったついにふみきりなりだしてしまった)

改札の奥歩いて行った ついに踏切鳴り出してしまった

(しゃだんきがしまるまえにかなうならこのしゅんかんだけ、ときよとまれ)

遮断機が閉まる前に叶うならこの瞬間だけ、時よ止まれ

(なかにわのちょうちょうやけずれたちょーくよごれたあおいじょうろ)

中庭の蝶々や削れたチョーク 汚れた青い如雨露

(じてんしゃごやのさびじゃぐちであふれたみず)

自転車小屋の錆び 蛇口であふれた水

(はしゃいでじてんしゃおちそうになったこと)

はしゃいで自転車落ちそうになったこと

(あのひのふたりのかえりみちをひとりはしっていた)

あの日の二人の帰り道を一人走っていた

(まちがいにまちがいがなくたってこたえなきゃまちがいもないように)

間違いに間違いがなくたって 答えなきゃ間違いもないように

(このといにもういちどちょうせんするならいましかない)

この問いにもう一度挑戦するなら今しかない

(さいごのすうじゅうびょうかんだむちゅうでかいだんかけあがった)

最後の数十秒間だ 夢中で階段駆け上がった

(とうちゃくしたしゃりょうにのるきみがこせんきょうからはっきりみえてた)

到着した車両に乗る君が跨線橋からはっきり見えてた

(はっしゃのべるがなりひびいたとびらがしまるとどうじ)

発車のベルが鳴り響いた 扉が閉まると同時

(やっとついたほーむしゃないのきみとめがあっていた)

やっと着いたホーム 車内の君と目が合っていた

(まどごしにとおりすぎるきみがぼくのうしろゆびさしてなんかいった)

窓越しに通り過ぎる君が僕の後ろ指さして何か言った

(たちどまったままでぼくはおもわずふりかえった)

立ち止まったままで僕は思わず振り返った

(そこにはあのひみたのとにたきれいなゆうひがあった)

そこにはあの日見たのと似た きれいな夕陽があった

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!