WORLDS END UMBRELLA

投稿者ゆうちゃんプレイ回数159
楽曲情報 WORLD’S END UMBRELLA  米津 玄師  作詞ハチ  作曲ハチ
難易度(2.4) 898打 歌詞 かな 長文モード可タグ初音ミク ハチ 米津玄師 プロジェクトDIVA ボカロ
初音ミク
※このタイピングは「WORLD’S END UMBRELLA」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 Ink! 6289 S 6.5 95.9% 136.1 894 38 35 2021/09/06
2 haihfia 5550 A 5.7 96.7% 156.2 897 30 35 2021/09/13

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あのかさがだましたひそらがないていた)

あの傘が騙した日 空が泣いていた

(まちはもうもくでうたがわない)

街は盲目で 疑わない

(きみはそのかさにむけてつばをはき)

君はその傘に 向けて唾を吐き

(あめにしずんでくさいれんと)

雨に沈んでく サイレンと

(だれのこえもきかずに)

誰の声も聞かずに

(かれはあめをつかみ)

彼は雨を掴み

(わたしのてをとりあのかさへ)

私の手をとりあの傘へ

(はしるの)

走るの

(ふたりきりのやくそくをした)

二人きりの約束をした

(えほんのなかにみつけたそらをみにいこう)

「絵本の中に見つけた空を見に行こう」

(せつなあめさえもひきさいて)

刹那雨さえも引き裂いて

(もうかなしむこともわすれたまま)

もう悲しむ事も忘れたまま

(しろいかげはもうおってこなくて)

白い影はもう追ってこなくて

(とてもかなしそうにきえた)

とても悲しそうに消えた

(さびたにおいもすすけたくろさえも)

錆びた匂いも煤けた黒さえも

(やがていろをあわくかえ)

やがて色を淡く変え

(どこからかこえがきこえたような)

何処からか声が聞こえた様な

(きがしたようなわすれたような)

気がした様な 忘れた様な

(らせんかいだんのつきあたりには)

螺旋階段の突き当たりには

(とてもちいさなとびらが)

とても小さな扉が

(ほこりをまといまっていた)

埃を纏い待っていた

(そこにはなにもかもがあるようにみえた)

そこには何もかもがある様に見えた

(いろとりどりにさいたはなふかいあおぞら)

色とりどりに咲いた花 深い青空

(にじんだせかいにふたりきり)

滲んだ世界に二人きり

(もうなにもいらないわ)

もう何もいらないわ

(えほんのなかとじこんだそらを)

絵本の中 とじ込んだ空を

(あるべきばしょにかえしたわすれないように)

在るべき場所に返した 忘れない様に

(きみがくれたつたないはなたばを)

君がくれた 拙い花束を

(わらいながらそっとかたをよせた)

笑いながら そっと肩を寄せた

(せかいのさいごにかさをさす)

世界の最後に傘を差す

(ずっとこんなせかいならばよかったのに)

ずっとこんな世界ならば よかったのに

(かなしくないわきみのそばで)

悲しくないわ 君の側で...

(はなのさいたそのかさのうえには)

花の咲いたその傘の上には

(とてもしあわせそうなかおで)

とても幸せそうな顔で

(ちいさくねむるふたりがいた)

小さく眠る二人がいた

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!