鼻 (芥川龍之介)

スポンサーリンク
投稿者ino プレイ回数2937 順位2168位
難易度(4.2) 1439打 長文 かな タグ文学 小説 国語 学習 長文
芥川龍之介
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 茶々 5323 B++ 5.7 93.3% 259.6 1488 106 26 2020/01/02
2 tomato 5069 B+ 5.2 96.6% 271.8 1427 49 26 2020/01/23
3 おら 4527 C++ 4.6 96.9% 307.9 1439 45 26 2020/01/13
4 薩摩ひろみ 3565 D+ 3.9 91.0% 363.2 1436 141 26 2019/11/29
5 nonnon 2325 F++ 2.6 88.7% 535.3 1425 180 26 2020/01/13

関連タイピング

あいうえお早打ち

あいうえお早打ち

速ければ速いほど強い世界

プレイ回数1468470
短文かな87打
米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数676877
歌詞かな1119打
タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングをいくら練習しても上手にならないスランプな人へ

プレイ回数523191
長文826打
五十音タイピング

五十音タイピング

五十音を打ち終わる時間で勝負!あなたは何秒!?

プレイ回数1911793
短文かな137打
ABC早打ち

ABC早打ち

早ければ早いほど強い世界

プレイ回数55629
短文英字26打
都道府県タイピング

都道府県タイピング

何秒で全部打てるか挑戦してみよう!

プレイ回数1810795
短文かな298打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぜんちないぐのはなといえば、いけのおでしらないものはない。)

禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。

(ながさはごろくすんあってうわくちびるのうえからあごのしたまでさがっている。)

長さは五六寸あって上唇の上から顋の下まで下っている。

(かたちはもともさきもおなじようにふとい。)

形は元も先も同じように太い。

(いわばほそながいちょうづめのようなものが、)

云わば細長い腸詰めのような物が、

(ぶらりとかおのまんなかからぶらさがっているのである。)

ぶらりと顔のまん中からぶら下っているのである。

(ごじゅっさいをこえたないぐは、しゃみのむかしから、ないどうじょうぐぶのしょくにのぼったこんにちまで、)

五十歳を越えた内供は、沙弥の昔から、内道場供奉の職に陞った今日まで、

(ないしんではしじゅうこのはなをくにやんできた。)

内心では始終この鼻を苦に病んで来た。

(もちろんひょうめんでは、いまでもさほどきにならないようなかおをしてすましている。)

勿論表面では、今でもさほど気にならないような顔をしてすましている。

(これはせんねんにとうらいのじょうどをかつぎょうすべきそうりょのみで、)

これは専念に当来の浄土を渇仰すべき僧侶の身で、

(はなのしんぱいをするのがわるいとおもったからばかりではない。)

鼻の心配をするのが悪いと思ったからばかりではない。

(それよりむしろ、じぶんではなをきにしているということを、)

それよりむしろ、自分で鼻を気にしていると云う事を、

(ひとにしられるのがいやだったからである。)

人に知られるのが嫌だったからである。

(ないぐはにちじょうのだんわのなかに、)

内供は日常の談話の中に、

(はなというごがでてくるのをなによりもおそれていた。)

鼻と云う語が出て来るのを何よりも惧れていた。

(ないぐがはなをもてあましたりゆうはふたつある。)

内供が鼻を持てあました理由は二つある。

(ひとつはじっさいてきに、はなのながいのがふべんだったからである。)

一つは実際的に、鼻の長いのが不便だったからである。

(だいいちめしをくうときにもひとりではくえない。)

第一飯を食う時にも独りでは食えない。

(ひとりでくえば、はなのさきがかなまりのなかのめしへとどいてしまう。)

独りで食えば、鼻の先が鋺の中の飯へとどいてしまう。

(そこでないぐはでしのひとりをぜんのむこうへすわらせて、めしをくうあいだじゅう、)

そこで内供は弟子の一人を膳の向うへ坐らせて、飯を食う間中、

(ひろさいっすんながさにしゃくばかりのいたで、はなをもちあげていてもらうことにした。)

広さ一寸長さ二尺ばかりの板で、鼻を持上げていて貰う事にした。

など

(しかしこうしてめしをくうということは、もちあげているでしにとっても、)

しかしこうして飯を食うと云う事は、持上げている弟子にとっても、

(もちあげられているないぐにとっても、けっしてよういなことではない。)

持上げられている内供にとっても、決して容易な事ではない。

(いちどこのでしのかわりをしたちゅうどうじが、くさめをしたひょうしにてがふるえて、)

一度この弟子の代りをした中童子が、嚏をした拍子に手がふるえて、

(はなをかゆのなかへおとしたはなしは、とうじきょうとまでけんでんされた。)

鼻を粥の中へ落した話は、当時京都まで喧伝された。

(けれどもこれはないぐにとって、けっしてはなをくにやんだおもなりゆうではない。)

けれどもこれは内供にとって、決して鼻を苦に病んだ重な理由ではない。

(ないぐはじつにこのはなによってきずつけられるじそんしんのためにくるしんだのである。)

内供は実にこの鼻によって傷つけられる自尊心のために苦しんだのである。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

inoのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード