落下ウサギと寡黙な傍観者の手記

投稿者Paプレイ回数48
楽曲情報 落下ウサギと寡黙な傍観者の手記  作詞こんにちは谷田さん  作曲こんにちは谷田さん
難易度(3.3) 873打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ 初音ミク こんにちは谷田さん キタニタツヤ
ボカロPこんにちは谷田さん 現キタニタツヤ
句読点スペースは入力しません。
※このタイピングは「落下ウサギと寡黙な傍観者の手記」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あいまいなかのじょはすーさいどとうかそくどでらっかして)

曖昧な彼女はスーサイド、等加速度で落下して

(よごれてしまわないようにさきにいくわといったんだばいばい)

「汚れてしまわないように先に行くわ」と言ったんだ バイバイ

(あいまいなかのじょはすーさいどかなしそうにわらっていた)

曖昧な彼女はスーサイド、悲しそうに笑っていた

(なにもしらないおとなたちのおろかさをゆるすように)

何も知らない大人達の愚かさを赦すように

(そろえたくつのそこからのぞきこんだせかい)

揃えた靴の底から覗き込んだ世界

(うつっているのはからっぽになったいれものだけ)

映っているのは空っぽになった容れ物だけ

(かのじょはゆめをみてよごれたせかいをわらった)

彼女は夢を見て、汚れた世界を笑った

(かすれたあしもとにはだれもきづかない)

かすれた足元には誰も気付かない

(あしたがみえなくなってきのうがひきさかれても)

明日が見えなくなって、昨日が引き裂かれても

(ゆるしをあたえるんだいきすぎたやさしさで)

赦しを与えるんだ、行き過ぎた優しさで

(あいまいなかのじょはすーさいどすべてをわすれようとして)

曖昧な彼女はスーサイド 全てを忘れようとして

(なにもしらないまちのすみであかいはなをさかせるの)

何も知らない街の隅で赤い花を咲かせるの

(よごれためでみたのはさかさまのせかい)

汚れた眼で見たのは逆さまの世界

(そらをおっことしてこんくりーとのまくらでねむる)

空を落っことしてコンクリートの枕で眠る

(かのじょはゆめをみてよごれたせかいをわらった)

彼女は夢を見て、汚れた世界を笑った

(きごうになりはててもこえはきこえない)

記号に成り果てても声は聴こえない

(きょうしつのまどぎわあおすぎたそらにとけたら)

教室の窓際、青すぎた空に溶解けたら

(きおくはうすれていくおもいだせないんだ)

記憶は薄れていく、思い出せないんだ

(かのじょはゆめをみてよごれたせかいをわらった)

彼女は夢を見て、汚れた世界を笑った

(かすれたあしもとにはだれもきづかない)

かすれた足元には誰も気付かない

(あしたがみえなくなってきのうがひきさかれても)

明日が見えなくなって、昨日が引き裂かれても

(ゆるしをあたえるんだいきすぎたやさしさで)

赦しを与えるんだ、行き過ぎた優しさで

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!