【時候の挨拶】「九月」タイピング

投稿者陸鹿プレイ回数216
「九月の挨拶」を口ずさみながら、タイピングを楽しみましょう。
ビジネス文書による時候の挨拶です。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 08622213 4436 C+ 4.5 97.6% 261.7 1190 29 31 2021/12/14
2 10837166 4293 C+ 4.5 93.8% 266.0 1222 80 31 2021/12/10
3 10837101 4149 C 4.3 95.8% 273.8 1188 52 31 2021/12/10
4 08622202 3379 D 3.5 94.7% 335.3 1199 66 31 2021/12/14
5 08622210 3375 D 3.4 98.5% 342.8 1174 17 31 2021/12/14

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(しゅうりょうのそうろう)

秋涼の候

(せいりょうのそうろう)

清涼の候

(しんりょうのそうろう)

新涼の候

(しょしゅうのそうろう)

初秋の候

(しんしゅうのそうろう)

新秋の候

(そうしゅうのそうろう)

早秋の候

(しゅうしょひときわきびしいひがつづいております。)

秋暑ひときわ厳しい日が続いております。

(あきとはもうしながらも、ざんしょのきびしいひがつづいております。)

秋とは申しながらも、残暑の厳しい日が続いております。

(さしものもうしょもようやくいきおいをうしなったようにおもわれます。)

さしもの猛暑もようやく勢いを失ったように思われます。

(あつさももうこれまでかとぞんじます。)

暑さももうこれまでかと存じます。

(あさゆうはいくらかしのぎやすくなってまいります。)

朝夕は幾らか凌ぎやすくなってまいります。

(あさゆうにたしょうともれいきをかんじるころとなりました。)

朝夕に多少とも冷気を感じるころとなりました。

(きんねんにないぼうふううにきもをひやしております。)

近年にない暴風雨に肝を冷やしております。

(じゅうねんらいのごううには、いのちのちぢむおもいをいたいました。)

十年来の豪雨には、命の縮む思いをいたいました。

(やらいのふううもすっかりおさまりました。)

夜来の風雨もすっかり治まりました。

(にひゃくとおかもぶじにすぎ、ひといきついております。)

二百十日も無事に過ぎ、一息ついております。

(ながあめもようやくおさまり、にわかにあきいろをおびてまいりました。)

長雨もようやく治まり、俄に秋色を帯びてまいりました。

(なんとなくあきのけはいをかんじるようになりました。)

何となく秋の気配を感じるようになりました。

(あききのおとずれをかんじるようになりました。)

秋気の訪れを感じるようになりました。

(さわやかなしょしゅうのきせつとなりました。)

爽やかな初秋の季節となりました。

など

(にわのおもむきもようやくしゅうきをもよおしてまいりました。)

庭の趣もようやく秋気を催してまいりました。

(このはのそよぎにあきをかんじるころとなりました。)

木の葉のそよぎに秋を感じるころとなりました。

(きぎのはのそよぎに、あきのおとずれをかんじております。)

木々の葉のそよぎに、秋の訪れを感じております。

(むしのこえにあきのおとずれをかんじるころとなりました。)

虫の声に秋の訪れを感じるころとなりました。

(あききひときわみにかんじるころとなりました。)

秋気ひときわ身に感じるころとなりました。

(ひとあめごとにあきのけはいをかんじております。)

一雨ごとに秋の気配を感じております。

(ひとあめごとにあきもふかまってまいりました。)

一雨ごとに秋も深まってまいりました。

(ななくさもさきそろうころとなりました。)

七草も咲きそろうころとなりました。

(すすきのほもゆれるきせつをむかえました。)

すすきの穂も揺れる季節を迎えました。

(こすもすのはなさくあきのおとずれに。)

コスモスの花咲く秋の訪れに。

(あまのがわさやかにあおぐころとなりました。)

天の川さやかに仰ぐころとなりました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

陸鹿のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード