【時候の挨拶】「十一月」タイピング

投稿者陸鹿プレイ回数678
「十一月の挨拶」を口ずさみながら、タイピングを楽しみましょう。
ビジネス文書による時候の挨拶です。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 08622213 4608 C++ 4.6 98.1% 204.6 961 18 28 2021/12/14
2 10837166 4458 C+ 4.7 94.5% 210.6 996 57 28 2021/12/10
3 10837101 4013 C 4.2 95.3% 228.5 964 47 28 2021/12/10
4 10837138 3584 D+ 3.7 96.6% 265.6 986 34 28 2021/12/10
5 08622210 3502 D+ 3.5 99.1% 268.4 948 8 28 2021/12/14

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(こうかんのそうろう)

向寒の候

(ぼしゅうのそうろう)

暮秋の候

(ばんしゅうのそうろう)

晩秋の候

(はつしものそうろう)

初霜の候

(そうこうのそうろう)

霜降の候

(れいうのそうろう)

冷雨の候

(しんれいのそうろう)

深冷の候

(あきもふかくなってまいりました。)

秋も深くなってまいりました。

(みかくのあきとなりました。)

味覚の秋となりました。

(あきのいろもようやくふかみをましてまいりました。)

秋の色もようやく深みを増してまいりました。

(きくのはなもかおるさっこんとなりました。)

菊の花も薫る昨今となりました。

(いちょうのはがいちやにきいろくなってまいりました。)

銀杏の葉が一夜に黄色くなってまいりました。

(やまやまのこうようも、ひときわいろをましてまいりました。)

山々の紅葉も、ひときわ色を増してまいりました。

(にわのこのはもよいいろづきをみせております。)

庭の木の葉も良い色づきを見せております。

(むしのねもなんとなくおとろえてまいりました。)

虫の音も何となく衰えてまいりました。

(よながをもてあますまいにちにたいくつしております。)

夜長を持て余す毎日に退屈しております。

(かんれいをおぼえるころとなりました。)

寒冷を覚えるころとなりました。

(あさゆうはひときわひえこむひがつづいております。)

朝夕はひときわ冷え込む日が続いております。

(ひましにさむさのつのるさっこんをむかえております。)

日増しに寒さの募る昨今を迎えております。

(さむさもまぢかにむかえるころとなりました。)

寒さも間近に迎えるころとなりました。

など

(れいきもきゅうにくわわったようにかんじております。)

冷気も急に加わったように感じております。

(はつしもにあきのおわりをかんじるころとなりました。)

初霜に秋の終わりを感じるころとなりました。

(しもがれのきせつとなりました。)

霜枯れの季節となりました。

(にわのしもにもふゆのちかづきをかんじるようになりました。)

庭の霜にも冬の近づきを感じるようになりました。

(みちにおちばのちりしくころとなりました。)

道に落ち葉の散り敷くころとなりました。

(にわのおもむきにもさむけをかんじるころとなりました。)

庭の趣にも寒気を感じるころとなりました。

(にわにかれはのまうきせつをむかえました。)

庭に枯れ葉の舞う季節を迎えました。

(あさゆうはめっきりひえこみふゆじたくにおわれております。)

朝夕はめっきり冷え込み冬支度に追われております。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

陸鹿のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード