雨ニモマケズ〈現代語訳改〉

背景
投稿者投稿者蔦廊プレイ回数2526
難易度(3.3) 897打 長文 長文モード推奨タグ宮沢賢治 古典 短文 文豪
宮沢賢治の有名な詩を超訳しました。
宮沢賢治の死語に発表された詩です。

語調が台無しだという向きあるかもしれませんが、できるだけ原文の語調を失わないように注意を払いながら原文よりも意味の伝わりやすい現代語文に意訳しました。

原文はメモ欄に掲載しております。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 アカサタナ❕❣ 6073 デクノボー 6.6 92.4% 135.5 896 73 29 2023/01/09
2 目玉焼きはマヨ 4336 ツカレタ母 4.5 95.4% 200.4 912 43 29 2022/12/07

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ごううにもまけず)

豪雨にも負けず

雨ニモマケズ

(ぼうふうにもまけない)

暴風にも負けない

風ニモマケズ

(ゆきがふろうがこくしょであろうが)

雪が降ろうが酷暑であろうが

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

(へこたれないじょうぶなからだをもち)

へこたれない丈夫な身体を持ち

丈夫ナカラダヲモチ

(よくはすくなく)

欲は少なく

慾ハナク

(けっしていからず)

決して怒らず

決シテ瞋ラズ

(しずかにいつもにこにことわらっている)

静かにいつもにこにこと笑っている

イツモシヅカニワラッテヰル

(いちにちにたべるのはげんまいよんごうとみそしると)

一日に食べるのは玄米四合と味噌汁と

一日ニ玄米四合ト 味噌ト

(そしてすこしのやさいていどのしょくじですませ)

そして少しの野菜程度の食事で済ませ

少シノ野菜ヲタベ

(あらゆることをじぶんをかんじょうにいれずに)

あらゆる事を自分を勘定に入れずに

アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニ

(よくひとのはなしをききそしてものわかりよく)

よく人の話を聞き そして物わかりよく

ヨクミキキシワカリ

(けっしてわすれるということはない)

決して忘れるということはない

ソシテワスレズ

(のはらのまつのはやしのかげの)

野原の松の林の蔭の

野原ノ松ノ林ノ蔭ノ

(ちいさなかやぶきのそまつなこやにすみ)

小さな茅葺きの粗末な小屋に住み

小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ

(ひがしにびょうきのこどもがいれば)

東に病気の子供がいれば

東ニ病気ノコドモアレバ

(いってかんびょうしてやり)

行って看病してやり

行ッテ看病シテヤリ

(にしにくろうをしているははがいれば)

西に苦労をしている母がいれば

西ニツカレタ母アレバ

(いってそのいねのたばをせおってあげる)

行ってその稲の束を背負ってあげる

行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ

(みなみにしをむかえおそれているひとがいるなら)

南に死を迎え恐れている人がいるなら

南ニ死ニサウナ人アレバ

(いってこわがらなくてもだいじょうぶだよといってあげ)

行って怖がらなくても大丈夫だよ と言ってあげ

行ッテコハガラナクテモイヽ トイヒ

など

(きたにけんかやいいあらそいをしているひとがあれば)

北に喧嘩や言い争いをしている人があれば

北ニケンクヮヤソショウガアレバ

(つまらないことはやめなさいとおしえさとしてやめさせる)

つまらない事はやめなさいと 教え諭してやめさせる

ツマラナイカラヤメロトイヒ

(ひでりがつづきふさくのときはみなといっしょになみだをながし)

日照りが続き不作の時は皆と一緒に涙を流し

ヒドリノトキハナミダヲナガシ

(れいかでふさくのときはしんぱいでおろおろとあるきまわり)

冷夏で不作の時は心配でオロオロと歩き回り

サムサノナツハオロオロアルキ

(みんなに「でくのぼう」とよばれながら)

みんなに「でくのぼう」と呼ばれながら

ミンナニデクノボートヨバレ

(とくにほめられもせず)

特に褒められもせず

ホメラレモセズ

(いやがられることもなく)

嫌がられることもなく

クニモサレズ

(そういったにんげんに)

そういった人間に

サウイフモノニ

(わたしはなりたい)

私はなりたい

ワタシハナリタイ

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、無関係な宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞は投稿しないでください!

蔦廊のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード