全て虞美の所為です。 天秤にかけて

投稿者Marokoro0920プレイ回数50
楽曲情報 天秤にかけて  作詞全て虞美の所為です。  作曲全て虞美の所為です。
難易度(3.9) 1092打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 ボカロ 全てあなたの所為です。
全て虞美の所為です。さんの「天秤にかけて」です。
句点、読点は無視しています。

原曲 https://youtu.be/zDUvoKUOviQ
※このタイピングは「天秤にかけて」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(わたしのつみさえもけしたびだつよるまでかげになりて)

私の罪さえも消し、旅立つ夜まで影になりて、

(しろいあしあとにじむみちへはなたばをたむけにいくのでした)

白い足跡滲む道へ、花束を手向けに行くのでした。

(ありふれたことばのはながなみだのひとつでかたむきました)

有り触れた言葉の花が、涙の一つで傾きました。

(ただようくらげにかさねておもかげはひとのなみにとけてた)

漂う海月に重ねて、面影は人の波に溶けてた。

(わだかまるそらにうかぶつみがすがるよしもないうれいをかたる)

蟠る空に浮かぶ罪が、縋る由も無い愁いを語る。

(れいしょうじみたなみだがぬらすいろあせたてがみのうた)

冷笑じみた涙が濡らす、色褪せた手紙の歌。

(てんびんにかけたおのがこえがゆらりゆれうごきました)

天秤にかけた己が声が、ゆらり、揺れ動きました。

(ことばのおもみがつないだのはわすれていたきせつでした)

言葉の重みが繋いだのは、忘れていた季節でした。

(ほのかにさくらんたんがしずまるよるにあかりをともし)

仄かに咲くランタンが、静まる夜に灯りを灯し、

(はかりがかたむいたのはあなたのせいだとうたいました)

秤が傾いたのは、あなたの所為だと謳いました。

(まどろむくさきがさそうしぐさにたゆたうそのめはよどみとける)

微睡む草木が誘う仕草に、揺蕩うその目は澱み融ける。

(のうたんによいつきうごかすはみをこがすほしのひばな)

濃淡に酔い、突き動かすは、身を焦がす星の火花。

(てんびんにかけたおのがこえがゆらりゆれうごきました)

天秤にかけた己が声が、ゆらり、揺れ動きました。

(ことばのおもみがつないだのはわすれていたきせつでした)

言葉の重みが繋いだのは、忘れていた季節でした。

(またたくまにつみはながれおちたびだてぬこころはめをふせた)

瞬く間に罪は流れ落ち、旅立てぬ心は目を伏せた。

(あふれだしたしりたがるこえはねしずまるよるをぬけて)

溢れ出した知りたがる声は、寝静まる夜を抜けて。

(てんびんにかけたおのがこえがゆらりゆれうごきました)

天秤にかけた己が声が、ゆらり、揺れ動きました。

(ことばのおもみがつないだのはわすれていたきせつでした)

言葉の重みが繋いだのは、忘れていた季節でした。

(てんびんをすてかけだしたらくらりとめまいがしました)

天秤を捨て駆け出したら、くらりと目眩がしました。

(あなたのなみだがつむいだのはいろああえたきおくでした)

あなたの涙が紡いだのは、色褪せた記憶でした。

(よぞらがはんてんをしたかげはひかりとかした)

夜空が反転をした。影は光と化した。

(ほしぼしにいのりうたえばあのときにもどれますか)

星々に祈り歌えば、あの時に戻れますか?

(あなたにあえるのですか?)

あなたに会えるのですか?

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、無関係な宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞は投稿しないでください!

Marokoro0920のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971