宮本浩次/十六夜の月

背景
投稿者投稿者ぽっつぱっぴいいね1お気に入り登録
プレイ回数103難易度(2.7) 1043打 歌詞 長文モード可
楽曲情報 十六夜の月  宮本 浩次  作詞宮本 浩次  作曲宮本 浩次
宮本浩次さんの2枚目のスタジオ・アルバム収録曲です。
カラオケに行っても、JOYSOUNDには入っていません。
DAM先輩なら、応えてくれます。
※このタイピングは「十六夜の月」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(たそがれのはまべ)

黄昏の浜辺

(ずいぶんまえから)

随分前から

(こうしてなみをみていた)

こうして波を見ていた

(しずみゆくおひさまにおどる)

沈みゆくお陽様に踊る

(ひかるなみを)

光る波を

(いつかおまえとふたりでah)

いつかおまえとふたりで Ah

(いったあのはまべさ)

行ったあの浜辺さ

(そうまちからそんなにはなれてもない)

そう 町からそんなに離れてもない

(くるまでこいちじかんばかりのたびさforyou)

車で小一時間ばかりの旅さ For you

(ああいずれかなしきdaybyday)

ああ いずれ悲しき Day by day

(そうあまくせつなきyesterday)

そう 甘く切なき Yesterday

(そしてくれてゆくそうtonight)

そして 暮れてゆく そう Tonight

(こよいのかぜにふかれておもう)

今宵の風に吹かれて思う

(ながれながれてただよういまも)

流れ流れて漂う今も

(すてたもんじゃねえ)

捨てたもんじゃねえ

(やばいくらいにこいこがれ)

ヤバイくらいに恋こがれ

(あいしあいされたあのうつくしいおもいで)

愛し愛されたあの美しい思い出

(いざよいのつきかがやくそらに)

十六夜の月輝く空に

(おれのheartは)

俺のHeartは

(いがいなくらいしずかに)

意外なくらい 静かに

(そしてかわいたまま)

そして乾いたまま

(ゆれるなみをみていた)

揺れる波を見ていた

(つきのひかりゆれる)

月の光揺れる

(でんしゃのまどからah)

電車の窓から Ah

(みるともなくまちのけしき)

見るともなく町の景色

(みていたながれてゆくあめのまち)

見ていた 流れてゆく雨の町

(いろんなおもいやたびへの)

いろんな思いや旅への

(あこがれむねにだいて)

あこがれ胸に抱いて

(ああわすれがたなきbeautifulday)

ああ 忘れがたなき Beautiful day

(そうおまえがすきだったあのまちはずれのみち)

そう おまえが好きだったあの町はずれの道

(ほしくずのらんでヴー)

星屑のランデヴー

(もうにどともどらぬとおいひのものがたり)

もう二度と戻らぬ遠い日の物語

(いまさらだけどかんしゃしてるのは)

今更だけど感謝してるのは

(おれのほうだぜ)

俺の方だぜ

(まちはいまあめあがりびるのあいまに)

町は今 雨上がりビルの合間に

(おぼろなつきがうかんでる)

朧な月が浮かんでる

(ながれながれてただよういまも)

流れ流れて漂う今も

(すてたもんじゃねえ)

捨てたもんじゃねえ

(やばいくらいにこいこがれ)

ヤバイくらいに恋こがれ

(あいしあいされたあの)

愛し愛されたあの

(うつくしいおもいで)

美しい思い出

(いざよいのつきかがやくそらに)

十六夜の月輝く空に

(おれのheartは)

俺のHeartは

(いがいなくらいやさしく)

意外なくらい やさしく

(そしてうるんだまま)

そしてうるんだまま

(うかぶつきをみている)

浮かぶ月を見ている

(びるのあいまゆれる)

ビルの合間 揺れる

(わすれがたきとおいおもいでforyou)

忘れがたき遠い思い出 For you

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、無関係な宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞は投稿しないでください!

ぽっつぱっぴのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971