花人局

背景
投稿者投稿者夏暮いいね0お気に入り登録
プレイ回数75難易度(3.0) 1398打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 花人局  ヨルシカ  作詞n-buna  作曲n-buna
ヨルシカ - 花人局
盗作 - Track.07

https://yorushika.com/
※このタイピングは「花人局」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • ケセラセラ

    ケセラセラ

    ドラマ「日曜の夜ぐらいは...」の主題歌です。

    プレイ回数6.5万
    歌詞1305打
  • 水平線

    水平線

    back number *°

    プレイ回数70万
    歌詞かな991打
  • 怪獣の花唄

    怪獣の花唄

    怪獣の花唄

    プレイ回数2.5万
    歌詞かな966打
  • 青と夏

    青と夏

    プレイ回数19万
    歌詞1032打
  • ビリミリオン

    ビリミリオン

    優里 ビリミリオン

    プレイ回数10万
    歌詞かな1038打
  • Subtitle

    Subtitle

    ドラマ「Silent」主題歌

    プレイ回数22万
    歌詞1778打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(さよならをおいてぼくにはなもたせ)

さよならを置いて僕に花もたせ

(おぼつかぬままによがあけて)

覚束ぬままに夜が明けて

(だれもいないへやでおきた)

誰もいない部屋で起きた

(そのぬくもりひとつのこして)

その温もり一つ残して

(きのうのよるのことはすこしもおぼえてないけれど)

昨日の夜のことは少しも覚えてないけれど

(ほかにだれかがいた、そんなきがただしている)

他に誰かが居た、そんな気がただしている

(ふつかよいがのこるあたまはまわっちゃいないけれど)

二日酔いが残る頭は回っちゃいないけれど

(わからないままでもまぁ、それはそれでもきれいだ)

わからないままでもまぁ、それはそれでも綺麗だ

(せんめんだいのはぶらし、だれかのこっぷ、たなのけしょうすい)

洗面台の歯ブラシ、誰かのコップ、棚の化粧水

(おぼえのないものばかりだ)

覚えのない物ばかりだ

(まくらははなのにおいがする)

枕は花の匂いがする

(さよならをおいてぼくにはなもたせ)

さよならを置いて僕に花もたせ

(おぼつかぬままよがあけて)

覚束ぬまま夜が明けて

(だれもいないへやでおきる)

誰もいない部屋で起きる

(そのぬくもりひとつのこして)

その温もり一つ残して

(きのうのよるのことはそこまでおぼえてないけれど)

昨日の夜のことはそこまで覚えてないけれど

(つつもたせをうたがう、そんなきもしないでいる)

美人局を疑う、そんな気もしないでいる

(ふつかよいもさめたあたまでかんがえていたけれど、わからないままでもいい)

二日酔いも醒めた頭で考えていたけど、わからないままでもいい

(むしろそのほうがいい)

むしろその方がいい

(まどぎわさくらべんだー、よごれたしんく、あみかけのまふらー、)

窓際咲くラベンダー、汚れたシンク、編み掛けのマフラー、

(おぼえのないことばかりだ)

覚えのない事ばかりだ

(へやにははるのにおいがする)

部屋には春の匂いがする

(うきぐもつかむようなはなもたせ)

浮雲掴むような花人局

(だれもこないままひがくれて)

誰も来ないまま日が暮れて

(ゆうひのさしたまどひとつ)

夕陽の差した窓一つ

(なにもしらないぼくをのこして)

何も知らない僕を残して

(きのうのよるのこともほんとうはすこしおぼえてるんだ)

昨日の夜のことも本当は少し覚えてるんだ

(あなたのいないくらし、それがつづくことも)

貴方の居ない暮らし、それが続くことも

(いまでもこのあたまひとつかんがえているばかり)

今でもこの頭一つで考えているばかり

(はなひとつもたせてきえたあなたのこと)

花一つ持たせて消えた貴方のこと

(あしたにはきっともどってくる)

明日にはきっと戻ってくる

(なにげないかおでかえってくる)

何気ない顔で帰ってくる

(いまにどあがひらいてきこえる)

今にドアが開いて聞こえる

(ごめんね、おそくなったって)

ごめんね、遅くなったって

(ことばだけをずっとまっている)

言葉だけをずっと待っている

(ゆうやけをじっとまっている)

夕焼けをじっと待っている

(わすれてしまうまえにはなえがけ)

忘れてしまう前に花描け

(きょうもひとりまたよるがきて)

今日も一人また夜が来て

(だれもいないへやでねむる)

誰もいない部屋で眠る

(そのぬくもり、ぼくにのこして)

その温もり、僕に残して

(ばかみたいにあいははなもたせ)

馬鹿みたいに愛は花もたせ

(このへやにもまたはるがきて)

この部屋にもまた春が来て

(あなたのいないまちをいきる)

貴方のいない街を生きる

(そのぬくもり、ぼくにのこして)

その温もり、僕に残して

(ぼくにひとつ、はなをのこして)

僕にひとつ、花を残して

(ことばだけをずっとまっている)

言葉だけをずっと待っている

(ゆうやけをじっとまっている)

夕焼けをじっと待っている

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、無関係な宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞は投稿しないでください!