七夕祭り打

投稿者たまねぎプレイ回数1358
楽曲情報 TANABATA MATSURI  テゴマス  作詞RYOKA  作曲BEJERHOLM JOHAN TOBIAS
難易度(2.9) 848打 歌詞 かな 長文モード可タグジャニーズ テゴマス 手越祐也 増田貴久 NEWS
テゴマスの七夕祭りです。
テゴマスの七夕祭りです。
※このタイピングは「TANABATA MATSURI」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(とうきょうのそらにはほしがないんだってね)

東京の空には 星がないんだってね

(きみからのてがみにはそうかいてあったけど)

君からの手紙には そう書いてあったけど

(こっちはあいかわらずさなにもかわりない)

こっちは相変わらずさ 何も変わりない

(このじきになるとまつりのじゅんびさ)

この時期になると 祭りの準備さ

(えきまえのしょうてんがいのささかざり)

駅前の商店街の笹かざり

(きみもしっているけしきさ)

君も知っている 景色さ

(こどもたちははしゃいではしりまわる)

子供たちは はしゃいで走り回る

(あのころとかわらないよ)

あの頃と変わらないよ

(たなばたまつりがちかづくよるは)

七夕祭りが近づく夜は

(ならんであるいたことおもいだす)

並んで歩いたこと 思い出す

(おぼえているかなふたりでながめた)

覚えているかな ふたりで眺めた

(まんてんのほしぞらにあいにおいでよ)

満天の星空に会いにおいでよ

(かえるのなくわだちをあるいて)

蛙の鳴く わだちを歩いて

(ささをとりにいったねおぼえている?)

笹を取りにいったね 覚えている?

(きみはいつもあおいろのたんざく)

君はいつも青色の短冊

(えらんだことおぼえている?)

選んだこと 覚えている?

(たなばたまつりがちかづくよるは)

七夕祭りが近づく夜は

(ならんであるいたことおもいだす)

並んで歩いたこと 思い出す

(おぼえているかなふたりでながめた)

覚えているかな ふたりで眺めた

(まんてんのほしぞらにあいにおいでよ)

満天の星空に会いにおいでよ

(がんばりすぎるのがきみだけどさ)

がんばりすぎるのが君だけどさ

(たまにはたちどまってみたら)

たまには立ち止まってみたら

(むかしたんざくにかいたねがいを)

むかし短冊に書いた”願い”を

(いっしょにおもいだそうよ)

一緒に思い出そうよ

(たなばたまつりがちかづくよるは)

七夕祭りが近づく夜は

(ならんであるいたことおもいだす)

並んで歩いたこと 思い出す

(おぼえているかなふたりでながめた)

覚えているかな ふたりで眺めた

(まんてんのほしぞらにあいにおいでよ)

満天の星空に会いにおいでよ

(まんてんのほしぞらにあいにおいでよ)

満天の星空に会いにおいでよ

(まんてんのほしぞらにあいにおいでよ)

満天の星空に会いにおいでよ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

たまねぎのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971