ふたりがけ安楽椅子

投稿者seaプレイ回数47
楽曲情報 ふたりがけ安楽椅子  てにをは  作詞てにをは  作曲てにをは
難易度(2.5) 681打 歌詞 かな 長文モード可タグてにをは ボカロ
※このタイピングは「ふたりがけ安楽椅子」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(つうがくろにきせつのはな)

通学路に季節の花

(おきにいりのぺーじにはさんで)

お気に入りの頁に挟んで

(しまいまでよんでたらいつしか)

仕舞いまで読んでたらいつしか

(ひとつふたつみっつみすてりい)

『ひとつ ふたつ みっつ みすてりゐ』

(あめもあがりおさげもはねた)

雨もあがりおさげも跳ねた

(いろははにほほへと)

『いろは はにほ ほへと』

(なぞなぞしようたんきゅうしよう)

謎々しよう 探求しよう

(ぺーじが)

「頁が――――」

(まよいかぜひゅうとはこんでった)

迷い風ひゅうと運んでった

(はらひらまうせいしゅんはまつげにのこったなみだ)

「はらひら舞う青春は睫毛に残った泪。

(はしるうちかわいてきえるなごりもなくそれでいい)

走るうち乾いて消える。名残りもなく。それでいい」

(せのびしてえらんだほんが)

背伸びして選んだ本が

(よっついつつむっつみすてりい)

『よっつ いつつ むっつ みすてりゐ』

(いつかきみをおとなにする)

いつかきみを大人にする

(はにほほへといろは)

『はにほ ほへと いろは』

(あらいしゅのそらせをおいかけ)

洗朱の空 背を追いかけ

(かえりましょうものがたりのうみへ)

帰りましょう 物語の海へ

(だからかくことやめないで)

「だから書くことやめないで。

(いつまでだってといてあげるからたんていでありつづけるから)

いつまでだって解いてあげるから、探偵であり続けるから。

(きっとずっと)

きっと、ずっと」

(いうないうなみなまでいうな)

『云うな 云うな みなまで云うな』

(はなまうせいしゅんはまつげにのこったなみだ)

「花舞う青春は睫毛に残った泪。

(はしるうちかわいてきえるなごりもなく)

走るうち乾いて消える。名残りもなく」

(ぜったいかくことやめないで)

「ぜったい書くことやめないで。

(いつまでだってといてあげるからたんていでありつづけるから)

いつまでだって解いてあげるから、探偵であり続けるから。

(ずっとふたりがけ)

ずっとふたりがけ」

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

seaのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971