スピードと摩擦

投稿者seaプレイ回数314
楽曲情報 スピードと摩擦  amazarashi  作詞秋田 ひろむ  作曲秋田 ひろむ
難易度(3.2) 1351打 歌詞 かな 長文モード可タグamazarashi 歌詞
※このタイピングは「スピードと摩擦」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きれかけたがいとうにてらされて)

切れかけた街灯に照らされて

(めいめつくりかえすひとびとのかげ)

明滅繰り返す人々の影

(ごむのにおいとくうきのしめりけ)

ゴムの匂いと空気の湿り気

(せいじゃくとよぶにははなはだたべん)

静寂と呼ぶにははなはだ多弁

(したがってさだまらぬしてん)

したがって定まらぬ視点

(ほしをすべってとうほくにるてん)

星を滑って東北に流転

(ががむらがってどうせむだだって)

蛾が群がって どうせ無駄だって

(ゆめにやけおちてあとはなんもねえ)

夢に焼け落ちてあとは何もねえ

(いきさきのないじょうしゃけん)

行き先のない乗車券

(しがんのおわりのゆうけい)

此岸の終わりの夕景

(ちきゅうのうらのこうやへはやくつれてってくれ)

地球の裏の荒野へ早く連れてってくれ

(なつのにわにいぬのほねししるいるいのひづけ)

夏の庭に犬の骨 死屍累々の日付

(それをふんづけてあすへきかんしえんのおんぷで)

それを踏んづけて明日へ 気管支炎の音符で

(ちをはくまではうたえほうしゃじょうきたのやませ)

血を吐くまでは歌え 放射状 北の山背

(そこにさいたはなでさえぼうとくはゆるされて)

そこに咲いた花でさえ冒涜は許されて

(ぼくはしたうちをしたこのまちへ)

僕は舌打ちをしたこの街へ

(いやしたうちをしたのはまちのほうで)

いや、舌打ちをしたのは街の方で

(すなばにこどもらのしんわたいけい)

砂場に子供らの神話体系

(そのひとつぶごとかみはやどって)

その一粒ごと神は宿って

(からまってきれぬしゃかいせい)

絡まって切れぬ社会性

(みだりにこえてつばをはきかけ)

みだりに越えて唾を吐き掛け

(ががふさがってらいせうたがって)

我が塞がって 来世疑って

(ぶざまにもえてあとはなんもねえ)

無様に燃えてあとは何もねえ

(けものとひとのぶんきてんいのちにたかるぎんばえ)

獣と人の分岐点 命にたかる銀蠅

(せいしはれいちのじゅんれいしぬにははやいこうせつ)

せいしは霊地の巡礼 死ぬには早い降雪

(こくどうぞいのらぶほてるとわいらいとじゅんけつで)

国道沿いのラブホテル トワイライト純潔で

(ことばたらずのよあけきつおんてきなよのはて)

言葉足らずの夜明け 吃音的な世の果て

(それをのみこんではむせるけつろにしたたるかーてん)

それを飲み込んでは咽せる 結露に滴るカーテン

(いのちがいまやけおちてしゃどうにふゆのぎんがけい)

命が今焼け落ちて 車道に冬の銀河系

(とらっくのにだいにまたがってさいげつがとおりすぎた)

トラックの荷台に跨って 歳月が通り過ぎた

(こうさてんでおうてんしてちをながしていた)

交差点で横転して血を流していた

(まどごしにそれをみていたらいのちがじりじりとこげるおとをきいた)

窓越しにそれを見ていたら 命がじりじりと焦げる音を聞いた

(すぴーどとまさつひばなをちらして)

スピードと摩擦 火花を散らして

(すぴーどとまさつないぞうをこがして)

スピードと摩擦 内蔵を焦がして

(たいないにはっしゃのきてきけつえきはとうひのろせん)

体内に発車の汽笛 血液は逃避の路線

(たびだってはちかづいてはなれれてくのはどうして?)

旅立っては近づいて 離れてくのはどうして?

(いらだちはなおさけんでひびわれたきょうのふうけい)

苛立ちは尚叫んで ひび割れた今日の風景

(ちひょうにうがつささくれにがつはむくななんぱせん)

地表にうがつささくれ 二月は無垢な難破船

(すぴーどとまさつないぞうをこがして)

スピードと摩擦 内蔵を焦がして

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

seaのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971