愛の傘

スポンサーリンク
投稿者bokumama プレイ回数951 順位13014位
難易度(4.2) 1332打 長文 かな タグ長文 文庫 大人 童話
大人のための童話です。
海外で見つけた童話集の中の一つです。なんとなくホッコリするものが欲しい時に読んでいます。
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 K 4020 C 4.2 95.8% 316.9 1332 58 21 2019/06/08
2 busubusu 3122 E++ 3.4 92.0% 381.1 1302 112 21 2019/05/13

関連タイピング

米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数449514
歌詞かな1119打
タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングをいくら練習しても上手にならないスランプな人へ

プレイ回数347291
長文826打
第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

時間無制限です

プレイ回数38677
長文989打
P検タイピング

P検タイピング

わりと長文です。

プレイ回数114599
長文582打
ノーダウト

ノーダウト

プレイ回数405
歌詞835打
点描の唄

点描の唄

私の最近の好きな唄です。

プレイ回数2416
歌詞かな830打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ようちえんにかようこどもがうるさくせがむので、いんこをつがいでかうことにしました)

幼稚園に通う子供がうるさくせがむので、インコをつがいで飼うことにしました

(りぼんちゃっき、まんまたべるじかんだよちゃっきとりぼんが、そんなに)

「リボン…チャッキ、マンマ食べる時間だよ」「チャッキとリボンが、そんなに

(すき?うん。すっごくすきこどもはこころをこめてえさをやり、においのする)

好き?」「うん。すっごく好き」子供は心を込めて餌をやり、においのする

(とりかごのそうじもまったくへいきなかおでやっていました。まま、ぼくがかえってくるまで)

鳥かごの掃除も全く平気な顔でやっていました。「ママ、僕が帰ってくるまで

(ちゃんとみてなくちゃだめだよようちえんにいくときもしんぱいなのか、ちゃんと)

ちゃんと見てなくちゃだめだよ」幼稚園に行く時も心配なのか、ちゃんと

(みてねとなんどもねんをおしてはてをふっていえをでるのでした。そんなあるひ、)

見てねと何度も念を押しては手を振って家を出るのでした。そんなある日、

(じっかであつまりがあり、かぞくぜんいんでひとばんとまってこなければならなくなりました。)

実家で集まりがあり、家族全員で一晩泊まってこなければならなくなりました。

(ええん。まま、どうしてもいかなきゃだめ?どうして?ちゃっきと)

「ええん。ママ、どうしても行かなきゃダメ?」「どうして?」「チャッキと

(りぼんのごはんはだれがあげるの?いんこがおなかをすかしてしぬかもしれないから)

リボンのご飯は誰があげるの?」インコがお腹をすかして死ぬかもしれないから

(いきたくないというこどもをなだめすかし、やっとのことでいえをでました。)

行きたくないという子供をなだめすかし、やっとのことで家を出ました。

(よくじつは、あさからざあざあとあめがふりました。あめがやむけはいもなくほんぶりになると)

翌日は、朝からザアザアと雨が降りました。雨が止む気配もなく本降りになると

(こどもはひがついたようになきだしました。ええん。ちゃっきとりぼんが)

子供は火がついたように泣き出しました。「エエン。チャッキとリボンが

(べらんだにいるんだってば。しんだらままがせきにんとってよなきやまず、)

ベランダにいるんだってば。死んだらママが責任とってよ」泣きやまず、

(しんだらせきにんをとれときょうはくのようなことまでいうので、じっかのぎょうじもそこそこに)

死んだら責任を取れと脅迫のようなことまで言うので、実家の行事もそこそこに

(いえにかえらなければなりませんでした。ところが、まんしょんについてみると)

家に帰らなければなりませんでした。ところが、マンションに着いてみると

(うちのうえのかいのべらんだにおおきなかさがひらいていました。それも、ちょうどうちの)

うちの上の階のベランダに大きな傘が開いていました。それも、ちょうどうちの

(とりかごのまうえにです。ひっこしてきていくらもたっていないので、ごきんじょへの)

鳥かごの真上にです。引っ越してきていくらも経っていないので、ご近所への

(あいさつもきちんとできていなかったのに、ありがたいかぎりでした。そのかさはあめを)

挨拶もきちんとできていなかったのに、ありがたい限りでした。その傘は雨を

(かんぜんにふせぐことはできなかったけれども、それはたしかに、かごのなかのとりへの、)

完全に防ぐことはできなかったけれども、それは確かに、かごの中の鳥への、

(そしてりんじんからりんじんへの)

そして隣人から隣人への

など

(あいだったのです。)

愛だったのです。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。