【昔話】ネコがネズミを追いかけるわけ

投稿者マイタイピング公式プレイ回数00000順位1187位
難易度(4.1) 935打 長文タグ国語 学習 昔話
知ってる人も知らない人も打ってみよう!
十二支にまつわる昔話です。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ぱんこ 7525 神様 7.7 97.6% 120.0 925 22 21 2020/11/14
2 HAKU 7254 神様 7.4 97.3% 125.3 934 25 21 2020/10/12
3 シニーキ 5674 5.9 95.7% 157.2 933 41 21 2020/10/08
4 novo 5395 5.4 98.5% 170.7 935 14 21 2020/10/28
5 主役は銭形 5315 5.7 92.8% 171.4 987 76 21 2020/10/14

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(むかしむかし、かみさまがどうぶつたちにいいました。)

昔々、神様が動物たちに言いました。

(「がんじつのあさ、わたしのところにあつまりなさい。)

「元日の朝、私のところに集まりなさい。

(じゅうにばんめまでにきたものをいちねんこうたいでどうぶつのたいしょうとしよう」)

十二番目までに来たものを一年交代で動物の大将としよう」

(ところが、ねこはかみさまのところにいくひをわすれてしまいました。)

ところが、ネコは神様のところに行く日を忘れてしまいました。

(ねこはねずみにしつもんします。)

ネコはネズミに質問します。

(「ねずみさん、あつまるひはなんにちだったかな?」)

「ネズミさん、集まる日は何日だったかな?」

(「それならいちがつふつかだよ」)

「それなら一月二日だよ」

(ねこにきかれたねずみはうそをおしえました。)

ネコに聞かれたネズミは嘘を教えました。

(さてさて、がんじつのあさになりました。)

さてさて、元日の朝になりました。

(ぜんじつからしゅっぱつしていたうしが、いちばんにかみさまのところにつきました。)

前日から出発していたウシが、一番に神様のところに着きました。

(ところが、うしのあたまにこっそりのっていたねずみが)

ところが、ウシの頭にこっそり乗っていたネズミが

(ぴょんととびおりて、うしよりさきにかみさまにあいさつします。)

ぴょんと飛び降りて、ウシより先に神様に挨拶します。

(「かみさま、あけましておめでとうございます」)

「神様、あけましておめでとうございます」

(そして、ねずみがいちばん、うしがにばんになりました。)

そして、ネズミが一番、ウシが二番になりました。

(つづいて、ほかのどうぶつたちがやってきます。)

続いて、他の動物たちがやってきます。

(とら、うさぎ、たつ、へび、うま、ひつじ)

トラ、ウサギ、タツ、ヘビ、ウマ、ヒツジ

(さる、にわとり、いぬ、いのしし)

サル、ニワトリ、イヌ、イノシシ

(こうして、いまのじゅうにしがきまりました。)

こうして、今の十二支が決まりました。

(ねこはというと、ねずみにおしえられたとおり)

ネコはというと、ネズミに教えられた通り

(いちにちおくれでかみさまのところにいったので、じゅうにしにはいれませんでした。)

一日遅れで神様のところに行ったので、十二支に入れませんでした。

など

(ねこはとてもくやしがり、それからねずみをおいかけるようになりました。)

ネコはとても悔しがり、それからネズミを追いかけるようになりました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告