凛として咲く花の如く 歌詞打

投稿者天御弥プレイ回数0000お気に入り1
楽曲情報 凛として咲く花の如く  紅色リトマス  作詞あさき  作曲KONAMI AMUSEMENT
難易度(3.2) 877打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 タイピング 音楽 ポップン
歌詞打です、ご自由にどうぞー
いいですよね!かっこいい!
歌詞打です!
※このタイピングは「凛として咲く花の如く」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 chi- 5664 A 5.9 95.0% 146.7 877 46 23 2020/12/21
2 五話寺 3872 D++ 4.1 92.8% 208.9 877 68 23 2020/12/25

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はるふかくゆめのりんかくをぼかしていきすぎてまいもどる)

春深く夢の輪郭を ぼかして行き過ぎて舞い戻る

(はなびらはしぐさをおいかけうすあかりのしたでひそやか)

花びらは仕草を追いかけ 薄明かりの下で 密やか

(つまさきであやすつきのうさぎはおどり)

つまさきであやす月の兎は踊り

(ほしのあいだをとびまわるくちぶえふき)

星の間を飛びまわる 口笛吹き

(しぶきあがるわたしかける)

飛沫 あがる わたし 駆ける

(おいかけるほしはまわるまわる)

追いかける星は まわる まわる

(ちいさなつぼみ)

ちいさなつぼみ

(さいてさいてつきにおねがいおだやかなかげにうすげしょう)

咲いて 咲いて 月にお願い おだやかな影に薄化粧

(しらずしらずえいやとなげたつぼみはゆくえしれずのまま)

しらずしらず えいやと投げた つぼみは 行方知れず のまま

(みおろしてちいさくなったくものあいだに)

見下ろして小さくなった雲の間に

(めをだしたせんこうはなびつぶらなゆめ)

芽を出した線香花火 つぶらな夢

(しぶきあがるひばなかける)

飛沫 あがる 火花 翔る

(といかけたほしはかわるがわる)

問いかけた星は かわる がわる

(かおをかえた)

顔を変えた

(さいてさいてくるりとまわるまいひめのごとくたまゆらに)

咲いて 咲いて くるりとまわる 舞姫の如く たまゆらに

(おもいおもいにうごくかげとせなかをあわせてああはしる)

思い思いに動く影と 背中を合わせて ああ走る

(こをえがきかげはのびるかげろうのさきにさいたあったまあるいはなが)

弧を描き 影は延びる 陽炎の先に さいた あった まあるい花が

(さいたさいたほしのかけらがつきのうらがわでないていた)

さいた さいた 星の破片が 月の裏側で泣いていた

(きづかぬうちにかくれていたうさぎもまたこえがく)

気づかぬうちに 隠れていた兎も また弧 描く

(さいてさいてつきにおねがいおだやかなかげにうすげしょう)

さいて さいて 月にお願い おだやかな影に薄化粧

(しらずしらずえいやとなげたつぼみはゆくえしれず)

しらずしらず えいやと投げた つぼみは 行方知れず

(さいてさいたかぜにゆられておだやかなさかはうすげしょう)

さいて さいた 風に揺られて おだやかな坂は 薄化粧

(げたならしてくちぶえあわせりんとしてはんなりのこころ)

下駄鳴らして口笛合わせ 凛として はんなりの こころ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。