不知火

投稿者めう プレイ回数90
楽曲情報 不知火  作詞ぽてんしゃる0  作曲ぽてんしゃる0
難易度(2.4) 1403打 歌詞 タグボカロ GUMI IA ぽてんしゃる0
不知火 歌詞打
GUMIとIAの曲、不知火の歌詞打です。
過ぎ去る夏の歌。しゃらんしゃらんしゃらん。
※このタイピングは「不知火」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

絶対にできるようになる タイピング

絶対にできるようになる タイピング

本当にできるようになります(事実)

プレイ回数179057
かな30秒
シャルル

シャルル

愛を 謳って。

プレイ回数353168
歌詞かな1065打
命に嫌われている。

命に嫌われている。

カンザキさんの「命に嫌われている。」です。

プレイ回数138710
歌詞1811打
シャルル 一番のみ

シャルル 一番のみ

シャルルの一番だけなのですぐおわります

プレイ回数9633
歌詞かな417打
アスノヨゾラ哨戒班

アスノヨゾラ哨戒班

君が笑う再会の夜空へ。

プレイ回数130675
歌詞980打
千本桜

千本桜

黒うさP

プレイ回数20761
歌詞1052打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あかねさすゆうすずみ)

茜さす夕涼み。

(ざんこうがのうりでゆらいでる)

残光が脳裏で揺らいでる。

(とおいなつのゆめに)

遠い夏の夢に

(みあげたかげぼうし)

見上げた影法師。

(かよいなれたしょうてんがいは)

通い慣れた商店街は

(ひともまばらで)

人もまばらで、

(かえるたびにむねを)

帰省度に胸を

(しめつける)

締め付ける。

(ほらおもいだす)

ほら、思い出す。

(あのけいだいにきみをつれて)

あの境内に君を連れて。

(まつりばやしはとおくかぜまじり)

祭り囃子は遠く、風混じり。

(しゃらりんしゃらりん)

しゃらりん。しゃらりん。

(ふわりかおる)

ふわり香る

(そのしゅんかんにかみがふれて)

その瞬間に髪が触れて

(はらんだかぜはただ)

はらんだ風はただ、

(ねつおびて)

熱帯びて。

(ああゆらりとける)

嗚呼、ゆらり溶ける

(すいめんきょうはつきをなでて)

水面鏡は月を撫でて、

(いちごじゃむのついたほおてらす)

苺ジャムのついた頬照らす。

(ながれゆくじかんだけが)

流れゆく時間だけが

(ぼくらのてにふっておちて)

僕らの手に降って落ちて。

(ないてみようか)

泣いてみようか、

(timeisover)

Time is over.

(ゆびのすきまをすりぬけていくから)

指の隙間をすり抜けていくから。

(もえさかるほのおがまた)

燃え盛る炎がまた

(つきよをせにまってはぜた)

月夜を背に舞って爆ぜた。

(いのってみようが)

祈ってみようが、

(おがんでみようが)

拝んでみようが、

(きずもおもかげもはかなくきえた)

傷も面影も、儚く消えた。

(ふきやんだなぎのいとまによせて)

吹きやんだ凪の暇によせて、

(みあげたかげぼうし)

見上げた影法師。

(ひずんでいた)

歪んでいた。

(さああかねさすゆうすずみ)

さあ、茜さす夕涼み。

(ざんきょうがのうりにはりついて)

残響が脳裏にはり付いて。

(とおいゆめふえのねに)

遠い夢、笛の音に

(ほかげがゆれた)

火影が揺れた。

(いまはゆめのなか)

今は夢の中。

(あいさびのまちなみと)

藍錆の街並と

(ざんこうがろじうらにじんでる)

残光が路地裏滲んでる。

(とおいなつのよに)

遠い夏の夜に

(しらぬいゆらめいて)

不知火揺らめいて。

(おかのむこう)

丘の向こう。

(あのてっとうのせんをぬけて)

あの鉄塔の線を抜けて

(はらんだかぜいまだ)

はらんだ風いまだ、

(ねつおびて)

熱帯びて。

(ああゆらりとける)

嗚呼、ゆらり溶ける

(すいめんきょうのつきをなでて)

水面鏡の月を撫でて、

(いちごじゃむをふいた)

苺ジャムを拭いた。

(かぜあざみゆらして)

風、あざみ揺らして。

(ひとつふたつなくしていく)

ひとつ、ふたつ無くしていく

(かくれんぼう)

隠れん坊。

(ちかったやくそくも)

誓った約束も

(ながいかげのびたかえりみち)

長い影伸びた帰り道。

(わすれずいれるかな)

忘れずいれるかな。

(かたぬらすゆうしぐれ)

肩濡らす夕時雨。

(ざんきょうがこまくにやきついて)

残響が鼓膜に灼きついて。

(つちのにおいあまおとに)

土の匂い、雨音に

(じゃらりとぬれた)

じゃらりと濡れた。

(ぜんぶゆめのなか)

全部夢の中。

(そもさんせっぱのやりとりで)

什麼生&説破のやり取りで

(たがいのためだとうそぶいた)

互いの為だと嘘ぶいた。

(とおいなつのよる)

遠い夏の夜。

(あのひにかえろうか)

あの日に帰ろうか。

(なんておもったり)

なんて思ったり。。

(あかねさすゆうすずみ)

茜さす夕涼み。

(ざんぞうがのうりにはりついたまま)

残像が脳裏にはり付いたまま。

(あわいきおくすずのねに)

淡い記憶、鈴の音に

(ほかげがゆれた)

火影が揺れた。

(すべてゆめのなか)

すべて夢の中。

(あいさびのまちなみと)

藍錆の街並と

(ざんこうがろじうらにじんでる)

残光が路地裏滲んでる。

(とおいなつのよに)

遠い夏の夜に

(しらぬいゆらめいて)

不知火揺らめいて。

(しゃらんしゃらんしゃらんしゃらん)

しゃらん しゃらん しゃらん しゃらん

(とおくとおくふえのおとはきえていく)

遠く、遠く笛の音は消えていく。

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

めうのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971