恋忘れ草

投稿者茉莉プレイ回数000
楽曲情報 恋忘れ草  作詞マチゲリータ  作曲マチゲリータ
難易度(2.5) 787打 歌詞 かな 長文モード可タグツキウタ。 デュエット 鳥海浩輔 前野智昭
ツキウタ。
ツキウタ。シリーズ デュエットCD 年長組1
睦月始&弥生春
※このタイピングは「恋忘れ草」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ふりさけみては)

振り放け見ては

(たおやぐせなにとけんかちる)

嫋やぐ背中に杜鵑花散る

(こころをせせるようなしじまになきしずんでいる)

心をせせる様な黙に泣き沈んでいる

(そむきはつぎわのはかなさは)

背き果つ際の儚さは

(さらぬわかれににたかなしび)

避らぬ別れに似た悲しび

(おうじゃくにみたようなおそれを)

往昔に視た様な恐れを

(おもいださないようにしていたはずなのに)

思い出さない様にしていた筈なのに

(うちあけたこころのなかにひそんださだめに)

打ち明けた心の中に潜んだ宿命に

(しあわせをうかべては)

倖せを浮かべては

(こいじにふりつもるむねいたしことば)

恋路に降り積もる 胸痛し言葉

(じゃくまくとしたこのよるふかしおぼえうかぶ)

寂寞としたこの夜深し、覚え浮かぶ

(みじかしかみにほのあかいほほかぼそきこえ)

短し髪に仄紅い頬、か細き声

(あだをこころにかかえいきる)

仇を心に抱え生きる

(あなたをきずつけることしかできなかった)

あなたを傷付けることしか出来なかった

(こぼるるあいをやいばにかえてしまう)

零るる愛を刃に変えてしまう

(このてをいっそきりおとしてしまいたい)

この手をいっそ切り落としてしまいたい

(あいわすれこいだけ)

愛忘れ、恋だけ

(われかひとかとみたどる)

我か人かと身辿る

(つつやくじひしんちょうは)

囁く慈悲心鳥は

(そしらぬかおをしてうんかいへととぶ)

素知らぬ顔をして雲海へと飛ぶ

(いずれこうなると)

孰れこうなると

(どこかではわかっていた)

どこかでは分かっていた

(せめてものあいじょうをのこして)

せめてもの愛情を遺して

(わかれみちへとあるきはじめる)

別れ道へと歩き始める

(このままいきたとしても)

このまま生きたとしても、

(しあわせになれないだなんていわないで)

倖せになれないだなんて言わないで

(だいじょうぶだから)

大丈夫だから。

(ひとつのじんせいともうひとつのじんせいが)

一つの人生ともう一つの人生が

(かさなったこのきせつに)

重なったこの季節に

(こいわすれぐさを)

恋忘れ草を。

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

茉莉のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971