レモン哀歌

投稿者mickeykkプレイ回数523
難易度(2.8) 568打 長文 かなタグ 短文 日本
高村光太郎の詩「レモン哀歌」
レモン。異常だった彼女を正常な意識に戻し、彼女との最後の思い出の象徴。妻に先立たれていった詩人の受け入れがたい苦悩が存在している。

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(そんなにもあなたはれもんをまっていた)

そんなにもあなたはレモンを待つてゐた

(かなしくしろいあかるいしのとこで)

かなしく白いあかるい死の床で

(わたしのてからとったひとつのれもんを)

私の手からとつた一つのレモンを

(あなたのきれいなはががりりとかんだ)

あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ

(とぱーずいろのこうきがたつ)

トパアズいろの香気が立つ

(そのすうてきのてんのものなるれもんのしるは)

その数滴の天のものなるレモンの汁は

(ぱっとあなたのいしきをせいじょうにした)

ぱつとあなたの意識を正常にした

(あなたのあおくすんだめがかすかにわらう)

あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ

(わたしのてをにぎるあなたのちからのけんこうさよ)

わたしの手を握るあなたの力の健康さよ

(あなたののどにあらしはあるが)

あなたの咽喉に嵐はあるが

(こういういのちのせとぎわに)

かういふ命の瀬戸ぎはに

(ちえこはもとのちえことなり)

智恵子はもとの智恵子となり

(しょうがいのあいをいっしゅんにかたむけた)

生涯の愛を一瞬にかたむけた

(それからひととき)

それからひと時

(むかしさんてんでしたようなしんこきゅうをひとつして)

昔山巓でしたやうな深呼吸を一つして

(あなたのきかんはそれなりとまった)

あなたの機関はそれなり止まつた

(しゃしんのまえにさしたさくらのはなかげに)

写真の前に挿した桜の花かげに

(すずしくはなつれもんをきょうもおこう)

すずしく光つレモンを今日も置かう

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!