赤が沈む/秦基博

投稿者あんプレイ回数162
楽曲情報 赤が沈む  秦 基博  作詞秦 基博  作曲秦 基博
難易度(3.2) 715打 歌詞 長文モード可タグ秦基博 歌詞 タイピング
※このタイピングは「赤が沈む」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぼくのなかのやみはゆがんだくちもとににじんでしまっている)

僕の中の闇は 歪んだ口元に滲んでしまっている

(こげついたようなにおいでかめんのうらがわからかおいろうかがう)

焦げ付いたような匂いで 仮面の裏側から顔色うかがう

(くらいひかりなどありはしないの)

暗い…光などありはしないの

(cryゆさいのたいようがぐらつく)

cry…油彩の太陽がグラつく

(くるったようにあかがしずむ)

狂った様に赤が沈む

(おいかけてもおいかけても)

追いかけても 追いかけても

(ぼくはただねがっているもえるようなそらよ)

僕はただ願っている 燃えるような空よ

(なにものこさずやきつくしてよ)

何も残さず焼き尽くしてよ

(ぼくがもってないものそれをだれもかれももちあわせている)

僕が持ってないもの それを誰も彼も持ち合わせている

(かのじょをしったせいさ)

彼女を知ったせいさ

(じゅんすいとそうぞうをなくしてしまったのは)

ジュンスイとソウゾウを失くしてしまったのは

(ふかいきたないことばよどんでいる)

不快…汚い言葉淀んでいる

(ふかいそこなしぬまにおぼれていく)

深い…底なし沼に溺れていく

(ないたようにぼくはわらう)

泣いた様に僕は笑う

(なにかいいかけてもいいかけても)

何か言いかけても 言いかけても

(すべてがうそのようでくちをつぐむんだ)

全てが嘘のようで 口を噤むんだ

(それなのにまだあしたをまっている)

それなのにまだ明日を待っている

(くるったようにあかがしずむ)

狂った様に赤が沈む

(おいかけてもおいかけても)

追いかけても 追いかけても

(ぼくもまたゆがんでるんだ)

僕もまた歪んでるんだ

(ないたようにぼくはわらう)

泣いた様に僕は笑う

(なにかいいかけてもいいかけても)

何か言いかけても 言いかけても

(そしてただねがっているもえるようなそらよ)

そしてただ願っている 燃えるような空よ

(ぼくものこさずやきつくしてよ)

僕も残さず焼き尽くしてよ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

あんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971